農口尚彦研究所のふるさと納税のお礼の品 まずは山廃純米酒無濾過生原酒を頂きました

Pocket

農口尚彦研究所のふるさと納税のお礼の品が届きました。

日本酒5本と九谷焼ぐい呑みのセットです(楽天などほかのポータルサイトでもあります 石川県小松市です)。

大雪で当初より遅くなったようですが、無事完成して何よりです。

立派な木の箱に入って届きました

よくある縦長の仕切り付きの段ボールかと思いきや、横長で想像以上に大きな梱包で届いて驚きました。

外からもプチプチでガードされて、開けると立派な木の箱に入って。素晴らしいものを頼んだのだと改めて実感しました。

年末にあと少しふるさと納税をしようと思い、探していたときに見つけました。

私の控除最大額から完全にオーバーしてしまうのですが、これをみたら注文せずにはいられませんでした。

ぐい吞みはまだ開けていません。

みんな無濾過生原酒なので要冷蔵ですが、未開封だと消費期限はないとのこと。少しおいて、熟成させて飲んでもいいのです。

また無濾過生原酒は、牛乳に例えるとしぼりたての殺菌も薄めたりもしていない生乳と同じです。美味しいお酒でないとできません。

こちらおさけとさんのサイトにわかり易く書いてあったので、よかったらご参照ください。

力強い味 目が覚めました

さっそく1本あけました。山廃純米酒です。薄めていないので、アルコール度19%です。

おちょこも、農口さんと同じく石川県の辻和美さんの“ホリホリ“にしてみました。

外蓋もはこんなにしっかりしたものでした。さすがです。内蓋は押し込むタイプになってます。

じつは日本酒も、自分が飲みやすいように適度に水で割ったり氷を入れたりしてもいいのです。

今回は割らずに常温で飲みましたが、このお酒は19%もありますので割っても美味しいです。日本酒の度数は15~16%のものが多いのですが、そうなるように加水してあります。よって好みにもよりますが、氷や水で薄めてもいいかと思います。

飲んでみだらパンチの効いた濃厚な味!もちろん美味しいですし、さらに頭がシャキッとして覚醒しました。コーヒー代わりに飲みたいぐらいです。(飲みませんが。)

85歳の酒造りの神様=農口尚彦さん

84歳で3度目の蔵を作られた農口尚彦さん。酒造りのレジェンドや神様と言われている方です。クラウドファンディングのMakuakeでは、目標額100万のところ、2070万も集まっていました。

いまは85歳になられましたが、お写真を拝見するととてもエネルギッシュな感じです。それがそのままお酒の力強さにつながってきているようです。

晩酌の習慣化 遊びも大事

正直、届いたとき嬉しい反面、こんなに飲めるかなと不安になりました。

独立してから予想に反して平日の晩酌がゼロになっておりました。(よくブログに日本酒の写真をあげていますが、あれは週末です。)

でもこのお酒は、飲むと元気が出るのです。私の栄養ドリンク。お仕事中は飲めないので甘酒にして、こちらは仕事が終わってから、養命酒のように滋養強壮のお酒としてちびちびいただくことにします。仕事中の栄養補給は甘酒で。

金曜日に映画“欲望の翼”を観たときに色々思い出しました。

税理士試験の勉強をしていた頃に上映していた映画で、今よりも時間を拘束されていたはずなのに、結構楽しむ時間があったんだなあと。

今は自由な時間が増えて体も楽になってありがたいのです。でもよくかえりみると、仕事をしている・用事をすます・移動する・ボケっとする(ほんとに何もしない)時間などは増えたものの、心が豊かになるような時間=映画を観たり晩酌でゆったりくつろぐ時間がカットされました。無駄や遊びの中で生きてきた私は、なんか落ち着かない。

どこかでブログに書かなきゃ!と変に意識しすぎて、ただただ楽しむことを後回しにしているかもしれません。そこまで意識しなくていいんですが。

まずは農口での晩酌を習慣化します(^^)/そうすると、仕事とプライベートの区切りがきちんとつきます。

ついでに昨日、とうとう恋する惑星のDVDも注文しました。退職したら観ようと思っていたDVDもまだ全然観てないので、ちゃんと時間を取ります。

【昨日の一日一新】

1.農口尚彦研究所 山廃純米酒 無濾過生原酒2017

2.両口屋是清 おときき山

博多通りもん系のおまんじゅうが、なんと両口屋是清さんにもあったとは!盲点でした。

少し小さめで味も多少違いますが、セブンイレブンのミルク餡まん同様身近で買えるので嬉しいです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする