ブログで顔と名前を出してからの変化 とくに無し!でも意識は変わりました

Pocket

身内にはブログのことを伝えていなかったのですが、ちょっと前に親戚から「見たよ!」と言われ、ついに先日両親に発見されました。

両親もインターネットは使っているものの、実名顔写真入りで娘(46歳ですが)のブログがインターネットの世界でどーんと出てきたのはびっくりしたようで、内容の拙さよりもそっちが心配だったようです。

そんな、顔と名前を出すなんて危険すぎる。今すぐやめい!(by父)

わたしなんてひとり税理士なので、余計心配だったようです。ごもっともですよね。

ブログに顔と名前を出したらいったいどうなるのか

一応実世界と同じぐらいの普通のマナーは守りながら、自分としてはリアルな世界のままネットに存在しているつもりです。(未熟なところも含めて)

ブログは2年ちょっと、写真は1年近く前からおそるおそる出しているものの、とくに反応もございません。全くの無名で、知る人ぞ知る存在ですし。

ブログに顔と名前を出したことについては、

・最初に名前&顔出しするのはとっても勇気がいる

・いざ名前&顔出ししても反応はそんなにない そもそも気づかれていない

・ブログ+拡散して自分から目立っていかない限りまず知られない

現在はこのような状況です。受けるリアクションはとくにないので、何にも変わっていません。

いま通っているTLIアドバンスコースで講師の大塚あやこさん(有名)も、ずっと顔も名前も出してやっているけど全然何にもないよ、とおっしゃってました。

よっぽどひどいことを書かない限りは悪い風にはならないと思います。逆にブレイクして人気者になってくぐらいもっと覇気を出した方がいいんではと思います…。

むしろ、私はここよー!と発信すべき

ネットに対する印象や使い方に個人差があるのは感じます。

全く抵抗が無く積極的に利用している方、どうも心配でだまされたり悪いことに使われるのではと思う方、色々あって当然です。

知らない人から知られるのがこわいかこわくないか。顔と名前でどれだけのことがわかるのか。ここがわからないので不安になるのですが、実世界でも同じことをしています。もちろん注意は要りますが、慣れるかどうかも大きいかと思います。

周りが顔と名前を出している方ばかりなので、私もだんだんと気にならなくなってきましたが、いろんな考えがあることも認識しておこうと思いました。

よって、名前を出して大丈夫なのか?という点では安心していいかと思います。

それよりも、もっと言わなくて大丈夫なのか?という心配をしないと。

前述の大塚あやこさんいわく、ビジネスをする上では「私はここよー!」と言わないと振り向いてすらもらえない世界とのことです。全然意訳になってないので、元の記事はこちらです。

好きなことを仕事にしたかったら「ひつじマインド」を脱却するのだ

あと、仕事っぽくないのがいけないのかとも思いました。でもこれは書いてたら自然となってったので仕方がないです。そのおかげで初対面の方にも人となりが伝わって、コミュニケーションはとりやすくなりました。

無名の人がブログを書く意味

講座で印象的だったのは、有名になってからブログをはじめました、では遅いので(有名になるかどうかはさておき)、無名のうちにこつこつブログの発信を続けて成長する姿を見てもらいつつ、自分のブランドを固めていくとよいとのこと。

無名の私がブログを書く意味なんてあるのか?と常々ブログの存在意義を問うていましたが、それは心配しなくていいみたいです。

【昨日の一日一新】

鈴鹿のカレー屋さん

キリンラーメンのセットが届く

これから食べるの楽しみです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする