確定申告でピンチの時に唱える呪文

Pocket

独立してすぐの頃、仕事が立て込んでパニックになりそうだったとき。

この仕事に全っ然関係ない人に「どうしよう(+_+)」とこぼしたら、もちろん手伝ってはくれませんでしたが

「そんなときは、南無税務(なむぜいむ)って唱えればいいよー(笑)ナームーゼームー♪」

と、聞いたこともない経文をお坊さんみたいな音調で唱えてきて面くらいました。

もちろん冗談です。念のためさっき検索しましたが、見当たりませんでした。

全く信心深くない方なのに、いきなりこんな経文、というより謎の呪文が出てきたのかは、全くもって不明です。

でもなぜかものすごくツボにはまり、大笑いして気持ちを切り替えることができました。

ふざけすぎてバチが当たらないか心配ですが、実はその後も忙しい時などにこっそり思い出して唱えています。

例えば南無是無だと般若心経にも書かれていそうな気もしてきました。念のためこちらも検索しましたが、見当たりませんでした。

(注 ほんとにてきとうなことを書いてすみません なんの根拠もなく、もちろんどの宗派とも関係ないです ごめんなさい)

ふざけてるとしか思えない呪文ですが、南無という言葉を検索すると(ウィキペディア以外でたまたま上位にヒットした天台宗のHPより抜粋)

南無とは、帰命(きみょう)、敬礼(けいれい)の意味で、心の底から全身全霊で仏様を信じることなのです。ですから、「南無仏(なむぶつ)」と唱えたならば、「真心を込めて仏様を信じます」と表明したことになるのです。

ならば、言い換えると

「南無税務(なむぜいむ)」と唱えたならば、「真心を込めて税務を信じます」と表明したことになるのです。

なるほど。では税務とは厳密になんだっけ?と思って調べたら、コトバンクより「租税の賦課・徴収に関する行政事務」のこととありました。

それだとただの手続きを重んじるだけになり、なんか浅いです。

帰命とか帰依は、身を投げうって信じぬく、というような真剣なものです。また意外と気持ちも救われたので、できればもっと奥深いものであってほしい。

よって、完全に後付けですが

税無=無の境地 

 

のほうがいいのでは?勝手にバージョンアップしてみました。

または

色即税空(しきそくぜいくう)

とかもいいかもしれません。

もうほんとすみません…。

ぼちぼち仏さまから怒られそうな気がしてきましたので、このくらいにします。

ご利益(りやく)のほどはわかりませんが、利益(りえき)がでたりして!(笑)

…もうほんとにやめます。もしよかったら唱えてみてください。

この記事、書くタイミングを見計らっていたところめがね税理士谷口さんが教祖になられたとのすてきな投稿をみて(何でこんなにおもしろいんですか♪)、今だ!とばかりに勝手に絡んでみた次第です。

こないだもクレイジーメガネで一方的に巻き込んだしつこい私ですので、そのうちお祓いされそうです。最後にこれだけは。めがね先輩谷口さん、お経文はぜひ南無眼鏡を!

【昨日の一日一新】

1.キリンラーメン わんこ

先日買ったのを少しずつ食べています。どれも美味しいです。あとラスト1つ。

2.キリンラーメン ネット通販

あまりにもおいしくて、ついに公式通販から買ってしまいました。楽しみです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする