請求書作成サービスMisocaが有料化&ユーザーサポートサービスが開始されます 

Pocket

ちゃんとアナウンスされてたと思いますが…

連休前に請求書作成を前倒ししたため、気づきませんでした。遅ればせながら、昨日ログインして気づきました。

ログインしようとすると、まずこの画面になります。(以下すべてMisocaさんのHPのスクリーンショットです)

料金プランは無料+有料3種類 無料では郵送サービス利用不可

料金プランは以下のようになります。

請求書作成件数によって金額が変わります。無料プランでは郵送サービスは使えません。

15→100→1000と刻みが結構大きいです。私の場合はプラン15で十分です。

が、今まで利用料無料→年額10万(初年度は半額5万+2カ月無料)は、ちょっとインパクトがあります…。ただその位の価値はあるサービスだとは個人的に思います。

プラン別の機能 有料プランでは提供サービスに差はなく作成枚数とユーザー数が異なる

プランごとの機能です。有料プランの差は、内容ではなく数の上限のようです。

その分、電話サポートなど増えます。弥生IDに移行して、弥生さんでのサービス提供です。

移行期間は6/1~8/31 9月以降は旧プランでの利用不可

移行期間は6/1~8/31と短いです。iOS版ではできず、Web版で移行するそうです。

例えば請求書を毎月作らず、“あ、2カ月ログインしてなかった!“という場合(ありそう…)9月以降に気づくと、移行手続きは出来ますが、移行しない限り今までのサービスは受けられないそうです。

9/1以降はログインが弥生IDオンリーになり、今までのメールアドレス&パスワードや他のID(TwitterやFacebookなど)経由でのログインは出来なくなります。

弥生ID自体は弥生製品の購入に関係なく取得できます。)

Misoca代表豊吉さんのブログ記事に経緯が載っています(必読)

Misoca代表豊吉さんのブログ記事

に、変更までの経緯が詳しく載っていたので必読かと思います。やはり意見が割れたそうです。

無料プランにて既存ユーザーの7割の方がサポートできること、ビジネスで本格的に利用している方にはより安心かつ信頼して使ってもらえるようサポートや保守管理の充実に充てるために有料化したこと、など書かれていました。

Misocaで世の中をシンプルに、という基本理念のもとの判断だったようで、個人的には記事を読んで安心しました。

無料のほうがありがたいのはありがたいですが、やはりサービスにはそれなりの対価は必要です。

今のところは時期が来たらプラン15に移行しようと思っています。これを機に色々見直そうと思います。

【昨日の一日一新】

1.スターバックス レモン&ポピーシードスコーン

2.ESPROのタンブラーにコーヒーを入れてもらう

中のフィルターを外して、トールサイズを入れてもらいました。冷めずにおいしくいただけました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする