見せ方と出し方でメニューは変わる 居酒屋さんのとあるお料理で感じたこと

Pocket

昨日入った居酒屋さんで、面白いメニューを見つけました。

お鍋のメニュー真ん中にある、“こだわり豚の炊き肉 980円“です。

出てくる前にいろいろ想像(注:鹿児島名物炊き肉とは別モノです)

昨日の時点では知らず、さっき調べて知ったのですが、炊き肉は鹿児島の炊き肉牛ちゃん考案のオリジナルメニューで、最近東京にもお店ができて流行りつつあるそうです。牛ちゃん、すごくおいしそう!いつか食べたいです。

私が昨日食べた炊き肉は材料も調理法も違うので、この記事では昨日食べた豚の炊き肉について書きます。(余談ですが、ふだんレシピを見ずに適当に作っている料理って炊き料理が多い気がします)

炊き肉って何だろう?お品書きのところにもう少し詳しく書いてあり、野菜と炊いて餃子の皮でくるんで食べるとのことでした。餃子の皮+お肉+野菜なので、水餃子のお鍋版かなと思いつつ待ちました。

↓ちなみにこれは炊き餃子(博多新名物)です。名古屋で頂きましたがこれもすごくおいしかったです。

おしゃれでおいしいお鍋でした

アイキャッチ画像で先にネタバレしてますが、直火OKなオシャレなお皿に載ってこのような感じでやってきました。ちょうど餃子を作る前の材料を並べた感じですかね。予想は半分当たっておりました。

野菜はにらとキャベツ&黒コショウ入りのだし、そして豚バラと餃子の皮(8枚ずつ)です。ちなみに右下の栃尾の油揚げは別の料理ですが、これもすごくおいしかったです。

食べ方は、野菜が炊けたら豚肉をしゃぶしゃぶし、豚肉の色が変わったら餃子の皮をのせ、透明になったら野菜と巻いて、ピリ辛のタレにつけていただきます。

皮はすぐに火が通りました。

とってもおいしかったです!ちょっと考えたら、材料が共通している他の料理(餃子と豚しゃぶ)と似ている点と違う点が結構ありました。

餃子や豚しゃぶと似ている点

①餃子の具を作る前の下ごしらえ段階とほぼ同じ

②お腹に入ったら餃子と変わらない 博多の炊き餃子とはほぼ同じ

③違いはお肉がミンチではないだけで、餃子の皮がなければ豚しゃぶとほぼ同じ

言うまでもないですが、今まで食べ慣れた餃子や豚しゃぶと似ていました。

餃子や豚しゃぶと違う点

①餃子とは食材の切り方が全然違う

餃子=ミンチ&みじん切りに対し、肉はスライス&野菜はざく切りでした。

②餃子とは調理の手間が全然違う

野菜をみじん切りする手間と餃子を包む手間が省け、食べるときに客の方で加熱&しゃぶしゃぶするので調理の手間も省けます。また食べる側もお鍋よりは具剤が少なく簡単なので、気軽に楽しめます。(切って綺麗に盛るのも大変だとは思いますが)

③お皿が全然違う

いまは直火OKのこんなすてきな大皿があるのですね。普通のお皿や土鍋よりも特別な感じがしました。

④オプションでお餅をつけなくても餃子の皮があるのでそこそこ満足

お餅よりもボリューム控えめなので、まだまだ他の料理も沢山食べられます(笑)

⑤値段が絶妙

餃子以上お鍋以下でした。

炊き肉は980円で、ほかのお鍋は1,280円、1,380円だったのでお鍋よりは安いです。また餃子はメニューにないものの、世間の餃子一皿分の値段とはだいぶ違います。

ちなみに餃子の皮は8枚だったので個数は違いますが、王将が6個で220円、誕生日に食べた濱松たんと餃子は7個400円です。

この料理はお店もお客にもメリットがある

こんなセコイ計算をしてお恥ずかしいですが、でもこれが餃子より高かった!とは全くならず、おしゃれなお鍋をお値打ちに食べられて大満足!でした。

また器でだいぶ印象が変わるということ、と餃子の皮の優秀さにも気づけて良かったです。他のお鍋にも餃子の皮をいれて、家でもやってみます。

さらにお店の側でも餃子を手作りする手間ひまよりはだいぶ楽だと思うので、きっとお店もお客も両方メリットのあるメニューなのではと想像しました。

見せ方、提供方法などをすこし工夫するだけで全くちがう料理になり、単価も調理時間も変わるということに気づき(私の勝手な解釈ですが)、なるほどと思いました。

きっと飲食店の方は常日頃からこういう努力はされていると思いますが、なんにでも生かせそうなアイデアなので、真似したいと思います。

さっそく今豚肉料理を作っているところですが、お肉を一度に全部入れて、普通のお鍋で作ってしまいました。あとは餃子の皮の代わりに何を入れようかな。もう完全に別の料理です。また、鹿児島の炊き肉も作ってみたいです。

【昨日の一日一新】

・日本酒 鯨波(下記参照)

【昨日の日本酒】

おいしいお料理だけでなく、日本酒も沢山頂きました。こっちもおいしかったです。

・鷹勇 特別純米酒

・喜久酔 特別純米

・鯨波 純米

・木桶造り五橋 生酛純米

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする