税理士試験勉強中の一番のトラブル 財務諸表論の答練の最中に電卓が壊れました 電卓は2個持ちしましょう

Pocket

以前どこかで書いたかもしれませんが、税理士の勉強をしていたときに経験した一番のトラブルは

財務諸表論の答練の途中で電卓が動かなくなったことです。

床に落とした電卓が数週間後の答練途中で突然壊れる

(当時の記憶がいい加減です。あらさがし無しで読み流してくださいませ)

まだ税理士試験を勉強し始めて2年目のことでした。本試験でなくてほんとによかった…と胸をなでおろすとともに、すぐ予備の電卓を買い、その後ずっと2個持ちをしました。当たり前のことですが、本試験前に経験しておいてよかったです。

ある日トイレに入ったとき、電卓がカバンから固い床に落ちました。落としてすぐ動作確認したら普通に動いたので、きれいに拭いてからその後も答練や授業でもしばらく使っておりました。

数週間経って、トイレで落としたことも忘れていた頃。よりによって財務諸表論の答練の最中、開始から1時間ぐらいたって計算問題に取り掛かってまもなく、突然電卓が反応しなくなりました。まだ買ってから1年も経ってないし、ソーラー電卓だったので、光が当たってないのかな、とか角度を変えたり動かしたりと色々試してみたのですが、それでも電卓は動きません。

何分か悪あがきをして、やっと壊れた事実を受け入れました。どんな問題だったか覚えてないのですが、たしか理論を先にやってたので計算問題があまり進んでませんでした。

気を取り直して筆算でできるところと部分点を拾う作戦に変更

しかし電卓無しで財務諸表論なんて、そうめったにできない経験です。もしかして本試験でこういうことがあるかもしれない。今回は答練でほんとによかった。まだ半分以上問題が残っていて、残り時間も約1時間はあったと思います。このあとはゲーム感覚で、残り一時間ぐらいでどこまで点を拾えるか、取れるとこだけ取っていこう、という作戦に変更しました。

小学生のときにそろばんを習っていたので暗算は少しできたのですが、2ケタのを3つぐらい合計できるかどうかぐらいだったので全然使い物になりません。

なので、ざっとみてなるべく計算が楽なところを探して取り掛かりました。

・記述問題は頑張って書く

・長すぎる縦計は捨てる

・今出ている数字だけで簡単な数式で解答できるところを探す

どんな問題だったかさっぱり覚えてないのですが、わかっている数字だけで意外と1本の数式で答えが出せそうな箇所がいくつかありました。貸倒引当金や簡単な前払費用などを、確実に拾っていきました。

筆算は高校を卒業してから久しぶりで、掛け算割り算がすでに怪しくなっていました。思い出しながら、なんとなくそれっぽい数字が出来てきて(今はわかりませんが、昔は答練だと端数の出ないきれいな数字が正解なことが多々ありました)ホッとしながらなんとか制限時間まで頑張りました。

ただ、数式1本で答えが出せるとは言え、減価償却費だと償却率をかけてさらに月数按分して、と2度も端数の出そうな掛け算割り算を繰り返すのは難易度が高かったです。やり方はわかっていても意外と面倒だったことに電卓を使ってたときは気づかず、結構手間がかかってはまってしまいました。

まあ、電卓無しで税理士試験を受けるなんてありえないので、別に何の役にも立たない気づきでしたが、電卓の威力と自力で計算する能力の低下を思い知らされました。

何とかギリギリ平均点取れました 以降は2個持ちです

さすがに点数は低かったですが、部分点も拾えたりして平均点をぎりぎり取れていました。とても良い経験で、このあと試験対策を見直しました。丈夫な電卓に買い換えて、その後は毎回2台持ちしました。そのあとは試験中に途中で壊れることはなかったですが、試験以外に実務でも2個持ちした方がいいものは2個持ちor予備を用意しています。

そのときの電卓、今年で26年目?です。1つは壊れましたが、まだもう1つは現役です。

大原で発売していた受験生お薦め電卓でした。当時7千円ぐらいしていて結構高かったですが、丈夫で長持ちして助かりました。

アイキャッチ画像にあるもう1つの電卓は、勤務時代の所長が使っていた電卓です。

私の電卓より1世代前ので、おそらく30年以上前の昭和の電卓です。オートオフ機能がないのか、数字が消えずにずっとつきっぱなしの、ものすごく丈夫な電卓でした。こんな凹んでるのに元気で動いてます。

おそらく2個持ちの方が多いとは思いますが、私みたいにほんとに壊れるときもあります。備えあれば患いなしなので、電卓は2個持っていかれることをおすすめします。

【昨日の一日一新】

・ラ・ボビン

・シンクオアスイム また書きます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする