北陸に行きました2021その6 帰り道の白川郷Part1

Pocket

石川→富山のあとに名古屋に戻る途中、まだ早い時間だったので白川郷に寄りました。

こちらは合掌集落の最寄りの道の駅白川郷です。

みちまるくんも合掌造りのかぶりものでかわいいです。

道の駅の向かい側の飯島八幡神社 どぶろく祭りはいつか参加したいお祭りです。

白川郷は名古屋からはちょっと距離がありますが、岐阜県なのでもう完全に帰ってきた感じがします。

ただ、一連のタイトルを“北陸に行きました”にしてしまってます。すぐ近くの五箇山だとタイトルは北陸のままでいいのですが、白川郷は北陸ではないので北陸ではくくれません。いいのが浮かばず紛らわしいですが、帰り道と書いておきます。

駐車場はせせらぎ公園駐車場は満車でしたが、臨時駐車場があいていました。

遠くに見える吊り橋(であい橋)がせせらぎ公園駐車場側です。どちら側でも合掌集落とつながってます。吊り橋は遠くから見ると高所恐怖症の私には怖すぎるのですが、しっかりした造りで以前あちらに停めたとき無事渡れてるのできっと大丈夫です。

真冬は雪が沢山積もりますが、この日は名古屋同様めちゃくちゃ暑かったです。日傘が手放せません。首には冷却タオルを巻いて歩きました。おそらく例年よりは混んでなくて、比較的自由に回れました。

どんどん合掌集落が近づいてきて、わくわくします。

たんぼもきれいです。

マンホール蓋も合掌集落です。

屋根に近づいてみました。

かかしがかっこよかったです。そして水がとてもきれいでした。

明善寺 一番大きい合掌造りです。

長瀬家

こちらも最大級で5階建てとのことです。

こちらは神田家です。

どこも管理されていて、こうして見学できたり飲食・宿泊できるようになっています。写真の順番はバラバラですが集落は結構広くて、あちら側に移動しました。

まだどこも入ってなかったので、国指定重要文化財の和田家に行ってみました。

2階もあってかなり広いです。

和田家だけで50枚以上写真を撮ったので、ものすごく中途半端ですが続きは次回に書きます。白川郷も2,3回になりそうなのですが、その6,7とするのかいいのか、6を小分けにするのかどうでもいいことを決めかねてるのでまた直すかもしれません。

条文ぽく項とか号を駆使できるとよかったですが、行き当たりばったりに書いているため、後付けで正しく適用できる自信がないのでやめときます。もっと最初から割り振って計画的に書けるときにやってみます。

【昨日の一日一新】

・ケロッグフルーツグラノラハーフ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする