彦根に行きました その3 居酒屋彦一

Pocket

彦根に行きました その3 居酒屋彦一

(いまちょっとドタバタしているので、いままで億劫だったブログが、今日は癒しの時間になって嬉しいです。しばらく彦根のことを書きます。)

多賀大社から早く戻ってこられたので、検索して一番気になっていた彦一さんに開店と同時に入りました。彦根駅からすぐです。

地元の方にも人気のお店です。いろいろ美味しそう!

(でもよく見たらどれも頼まなかったです…しまった…)

連休中は混みあっているか定休日かでなかなかこういうお店は見つけても入れないことが多いのですが、早かったのですんなり入れました。

すじ煮込みと鮒寿司は頂きました。美味しかったです。GOTOトラベルクーポンが使えます。

ホテルで3千円分頂きましたので、持ってきてよかったです。アルコール消毒して席に着きます。

隣同士も仕切られていて、前には酒瓶とひこにゃんという絶景です。

座敷に案内されました。こちらも間隔も開いています。

駆けつけ三杯で、近江の地酒3種飲み比べを注文しました。

注文した紙に番号を振って返してもらったので、確認しながら飲みました。1=七本槍、2=道灌、3=杣の天狗です。杣の天狗は生酒で、にごっているのがよくわかります。

どれもおいしかったです!

鶏のすき鍋(一人前で沢山ありました)のときに七本槍の熱燗も頂きました。温度が変わるとまた美味しいです。

彦一ポテトサラダ、巾着しぼりでかわいかったです。気が付いたらなくなっていました。

近江牛のすじ煮込みも美味しかったです。郷土料理が多すぎて鉄板焼きを注文し忘れました…。

お酒は十分注文したのですが、この『霧の中の愛人』という梅酒が気になって注文しました。

梅酒を蒸留した梅スピリッツ(40度)で甘みはほとんどなく、鍛高譚(しそ焼酎)に近い感じでスッキリしていました。ストレートは無理ですが、炭酸割で頂いたら美味しかったです。

このひりょうずの信楽焼風の器が好きです。伊賀焼の先生から陶芸を習ってたのですが、復活したらこういうのを手びねりでつくりたいです。

滋賀は鮒寿司が有名なのは知ってました。食べたことなかったので、〆に頂こうと田舎者の私はお味噌汁と一緒に注文しました。現物が来てやっとわかりました。お寿司の元祖、なれずしで、塩とご飯と一緒に発酵させて作りますが、今みたいな握り寿司とか押し寿司みたいにすし飯と一緒に頂くお寿司とは違います。

霧の中の愛人が少し残っていたので一緒に頂きました。美味しかったです。ひとつ賢くなりました。今度はお酒がもっとたっぷりある段階で早めに注文します。

そして最後に〆のおにぎりを注文しました。美味しかったです。注文の流れから、いかにも鮒寿司を知らないひとだとわかってちょっとハズカシイですが、それも含めて面白かったです。

雰囲気も良くて楽しかったです!GOTOトラベルクーポンも無事使い切りました。

近江牛、近江鴨など食べきれなかった名物もあるのでまた来たいです。今度は鮒寿司を早めに注文します。

【昨日の一日一新】

・シャープのマスク当選

すっかり忘れていましたが、やっと当たりました。私のふるさと多気町で作られたマスクなので、楽しみにしています。

・ある応募 ボツ また12月以降もあるのでチャレンジします。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする