名古屋・栄の平日ランチ探訪 冨士屋本店の赤魚の醤油漬け定食が絶品でした

Pocket

先週はコワーキングスペースに行けなかったので、約10日ぶりの平日ランチ探訪です。

栄地区はエリアごとに趣の違う飲食街があり、コワーキングスペースの近くも美味しいお店が沢山、しかも信号を渡らずに行けるお店がいくつかあります。

本当は前回行くつもりが、道を間違えたのとランチ時間ぎりぎりだったので行かなかったお店に再チャレンジしました。

昭和12年創業の冨士屋本店さんです。私の好みがバレバレになってしまいました。夜は予算的に厳しいですが、こういう老舗のお店の平日ランチが夜よりお値打ちで間違いなく美味しい、と言うのがわかり、人生の新たな楽しみになりつつあります。

プリンセス大通りにも近く、栄から伏見に向かって歩く途中にあります。どれも美味しそうなランチばかりで、迷います。11時から13時までですが、遅いと売り切れるので、お目当てのがあれば早めに行くのがいいです。

迷ったので、どれがおすすめか聞いたら「どれも人気ですが、赤魚を頼む方が多いです」と言われたので赤魚の醤油漬けにしてみました。私がいたときは半分ぐらいの方が赤魚でした。

さすがに飲みませんでしたが、日本酒、ワイン、焼酎とお酒もたくさんありました。私が気に入ったのは焼酎の味わいチャートです。勉強になります。

この中なら、西酒造の古々雫を飲んでみたいです!奮発するなら村尾にします。ここに載っているのはどれも好きですけど(´艸`*)

いまの村尾の代表の方は、会計事務所からの転職組とのことで、親近感がわきました。頑張ってほしいです。

こんな感じでお魚を焼いてくださってます。カウンター越しに凝視していました。

焼きあがって、10分も経たないうちにきました。ランチの時間は一気に混むので、小鉢もお盆に載せていくつかスタンバイされていて、段取りがバッチリでした。真似したいです。

手書きの伝票がまた素敵です。インボイスとかもういいじゃん、このままで。と思ってしまいます。

この立派な赤魚。夜食べたら結構するのでは。赤魚の定食は980円でした。魚によって多少違いますが、ウナギ以外は千円弱です。

ふっくら焼けていて、めちゃくちゃ美味しかったです。ご飯つぶもお魚の身も残さずきれいにいただきました。今度はさばの味噌煮かホッケの開きを頂きます。

私が食べてる間も食べ終わってからもサラリーマンの方がどんどん入ってきました。当然ですがタピオカの客層とは見事にかぶっておりません。このエリアはいろんなお店があるので、どこかにはタピオカの店もあるとは思います。

平日ランチはしばらく和食(日本人選手)ばかりだったので、ペナントレース(私が勝手に開催中)を面白くするために、次はここの近くのとあるパスタ屋さんにも行こうと思います。

冨士屋本店さんは、6/28放送の東海テレビでヘベレケという番組でも紹介されるとのことです。タイムリーでした。このお座敷も忘年会とかで使ったら楽しそうです。

昨日で法人の申告が終わり、納期の特例もあとわずかです。(6月中でも支払いが確定したら出してもよいとのこと)

【昨日の一日一新】

・冨士屋本店

・UCせんべい ユニコーンのライブに行った友人よりいただきました。美味しかったです!10月の名古屋のライブに行く予定です。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする