忙しいときほどゆっくりお茶を一服 パソコンにお茶をこぼした日の茶道のお稽古にて痛感しました

Pocket

忙しいときほど心に余裕を持つべきことを、今週は痛感しました。喫茶去(きっさこ)という禅語があり、お茶を一服いただくという意味で、この時間は削らず大事にしなきゃと思っています。

今週はいろんな締め切りがや予定が重なりました。資料も一斉にそろったのはよかったのですが、前もって予定も入っていたためデスクワークの時間がなかなか取れず、いつもより遅い時間までみっちり仕事をしていました。

水曜日 スーパームーンを見忘れる

予兆はありました。水曜日に仕事を終えてからスーパーに寄ったとき、帰りにスーパームーン(ダジャレではありません おまけにスーパードライと変換しそうになりました)を見ようと思ってたのに、スーパーを出たらすっかり忘れて観ずに帰宅しました。ふだんうつむいてばかりいるので。こういうときよく見逃してしまいます…。

夜遅くに気づきましたが、家の窓からは月が見えず…。明日(木曜)こそ見ようと気持ちを切り替えましたが、この時点でちょっと心のゆとりがなくなってるなあと気づけばよかったです。

木曜日 水没で午後のデスクワークがほとんどできず

水曜日にはかどったので、この勢いで木・金もいけばだいぶ進むと欲張ったのがいけなかったです。水曜日のお昼にノートパソコンを水没させてしまい、その日やろうと思ってたことがほとんどパアに…。パソコン自体何ともなさそうだったので(ほんとに無傷で感謝です)使っていましたが、問い合わせ電話をしながらでしたし、テンションもペースも落ちて思ったより進みません。診断で2時間ちょっとパソコンを預けることになったため、もう今日はゆっくりしようとやっと(あきらめて)ペースを落とすことにしました。

茶道のお稽古で気持ちを切り替える 稽古場はパソコン修理店の近くでした

今週は茶道のお稽古を休んで仕事をするつもりでしたが、教室は(診断をお願いした)パソコンドック24の近くだったため、パソコンを取りに行った帰りにそのままお茶のお稽古に行きました。パソコンにお茶をこぼしたのが、茶道で心を静めよという暗示だったかと思うとこの一日が全部つながって見えてきました。

頭を冷やせてよかったです。

こちら、花乃舎さんの青柳というきんとんです。春らしい色のお菓子に季節の移ろいを感じました。

お濃茶2人前をひとりで頂き、頭もシャッキリしました。袱紗のたたみ方が雑ですみません。

やはり、お茶を一服するぐらいの余裕を失うようでは仕事も失敗します。これからは忙しい時ほど気持ちのゆとりをもつよう、そういうときほどゆっくりお茶を飲むようにします。(パソコンから離れて)

帰りにスーパームーンも見られました

お稽古で頭を切り替えたのがよかったたのか、帰り道にちゃんと覚えていて、無事スーパームーンも一日遅れで見られました。

栄の繁華街の近くで、明るくて見えないのではと思いましたが、意外にも星もたくさん見えました。

うつむきがちな上に、ひったくりにあわないよう警戒したり、周りのお店をチェックしたりと(おいしそうな居酒屋さんが多いので)空を見上げる余裕がなく、今までだいぶ見逃していたと思います。

ちょっと人間らしい心を取り戻せました。

そして次の日は気持ち新たに仕事に打ち込めてよかったです。パソコンなんて元気に動いて当たり前と思ってましたが、もっと丁寧に接しようと思いました。

またやはり適度に息抜きすることが大事です。ひとりだとサボっていても働きすぎていても誰にも注意されません。このあたりを上手にコントロールできるようになりたいです。

おまけ 今回久々に矢場町方面を歩き、いろんなお店を見つけました。

パルコに金券ショップの伊神切手社が入っていました。快速みえの得ダネ切符のばら売りをしているので、三重県に行くとき助かってます。エスカにもあります。

昔ここがチケットセゾンだったときに、KYOTOKYOのチケットをよく買っていたのを思い出しました。

またこんなすてきな立ち呑み屋さんもみかけました。行きたいです。

【昨日の一日一新】

・サンペレグリノ オレンジ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した名古屋在住の女性税理士&唎酒師です。今のところお仕事以外のことをメインに書いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする