ホテル浦島に泊まりました 広くて温泉も食事も最高です

Pocket

年末に宿泊したのはホテル浦島です。

大学のゼミ旅行以来20年以上ぶりでした。小学生の頃にも町内会の旅行で行っており、東海地方の方だと誰もが一度は行ったことのあるホテルです。温泉が大きかった以外に当時の記憶はほとんどなかったのですが、今回久々に行き、ますますファンになりました。浦島太郎になると困りますが、ほんとに住みたいです。住めそうなぐらいインフラも整備されていましたのでご紹介します。

ホテルまでは船で渡ります

ホテルまでなんと!船で移動します。紀伊勝浦駅から歩いてすぐのところに、ホテル浦島まで行く船乗り場があります。

ちなみに狼煙半島という半島にあるため陸でもつながってるので車の方は陸路でも行けます。この船だとほんとに竜宮城に行くみたいで楽しいです。

向こうに見えるのがホテルです。上の施設も山上館という別館で、総長154mのエスカレーターで本館とつながっていてとても広いです。

館内とても広々 名古屋駅ぐらいありそうです

館内を歩いてみてほんとに広く、測っていませんが名古屋駅ぐらいあるのでは、と思いました。本館から夕食をとった山上館まで10分以上かかりました。新幹線口からナナちゃん人形ぐらいはあると思います。

こんなエスカレーターを4本ぐらい乗り継ぎました。

ちなみに名古屋駅前のエスカレーターです。

館内図はこちらです。

目的地まではテープに沿って移動してくださいと言われました。やはり、ホテルというより駅です。こんな感じです。

無事温泉にたどり着けました。

ちなみに名古屋駅はこんな感じです。

お土産物やさん、居酒屋さん、カラオケボックスなどあります。

こちら、カラオケボックスです。懐かしい!

夕食後に寄ったのが、海つばめという居酒屋さんです。飲んだお酒は31日のブログに書きました。

お酒を卸しているのが、新宮市のみゆきやという酒屋さんで、たまたま私もここで和歌山の黒牛という日本酒を取り寄せたことがありました。こんな詳しいパンフレットも置いてあり、勉強しながら楽しく飲めました。

ホテル内にローソンがあります!

一番驚いたのは、正面玄関入ってすぐのところにローソンがありました!

営業時間はセブンイレブンです。

お土産、お菓子から雑貨まで揃っていてめちゃくちゃありがたいです。しかもローソンなので郵便ポストもあります。ここで暮らせそうです。

ほかにもヤマト運輸の配送受付もあります。Wi-Fiも使えましたし、ここに住んで仕事も出来そうです。毎日温泉に入って、居酒屋さんにも行けるからいいですね。

お食事も美味しいです

前後しましたが、お食事とても美味しかったたです。プラン別の指定料理プラスバイキングでしたが、

おそらく全員共通?のバイキング部分もとても豪華でした。

写真がイマイチですが、鯛やヒラメの舞い踊り並みです。正確には鯛やヒラメではなく、ローストビーフ、ステーキ、あわび、サザエ&和洋中惣菜&スイーツでした。

朝ごはんも美味しかったです。

大きなホテルなので最初はおおざっぱなのかと(失礼)思ってたのですが、料理も丁寧ですし器もグラスもピカピカで、とても心地よくお食事を楽しめました。

眺めもよく、ますます住みたいと思いました。

温泉巡りが楽しいです

最後になりましたが、ホテル浦島といえば豪華露天風呂の温泉です。内湯もふくめ4カ所あり、スタンプラリーが楽しめます。全部制覇しました。

入浴剤が頂けました♪

さすがに温泉の写真はないですが、忘帰洞と玄武洞からの眺めは最高でした。そこまで混雑しておらず、ゆったり入れました。

今年から本館が耐震工事に入り、半年以上縮小営業になります。少し前が開館60周年だったとのこと。すごいです。創業者は浦木清十郎という材木王の方らしく、このスケールにもホテル名にも納得です。

リニューアル後にまた行ってみたいです。

【昨日の一日一新】

・納屋橋まんじゅう万松庵 花びら餅

羽二重餅になっていて美味しかったです。

・両口屋是清 彩雲

和菓子教室のときに知り、買いました。見た目もとても綺麗で、美味しかったです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする