博物館網走監獄に行きました 2019.8.13 北海道旅行2日目その4

Pocket

北海道旅行2日目の夕方、博物館網走監獄に行きました。

苫小牧港から宗谷岬経由で途中下車しながら19時間&737キロ、やっと16時に網走に着きました。この日網走にホテルを取っていたので、宗谷岬まで行っても油断せず、ひたすら進みました。時間があれば網走監獄まで行こうという予定でしたがなんとか計画通りにたどり着けました。

こんな強行日程になったのも船の予約が遅かったせいで、ほんとは5日北海道に居たかったのに滞在日数が3日になったためです…。雄大な北海道を急ぎ足で駆け回るなんて、もったいない…。あと1日あれば利尻・礼文に行けたかなと思います。いや、これも飛行機ではなく船旅だったからですが。でも船でのんびりしつつ、道の駅に寄りながら時速50キロぐらいで行くのも旅をじっくり味わえてよかったです。時間効率からするとめちゃくちゃ悪いですが、こういう旅もなかなかできないので貴重な体験でした。(次は飛行機で行きたいです)

網走駅からバスが出ています。

有料ですが、記念撮影のサービスがあります。シャッターの時のおねえさんの掛け声が、「タラバガ・ニー」「ズワイガ・ニー」とほのぼのとしていました。

網走だし監獄だし、とちょっと緊張しながら来たのですが、ホッとしました。また、受付でバイクで来られた方たちが「え?俺って65歳以上割引使えるの?やったー!」などとキャッキャキャッキャされていてほほえましかったです。

とても歓迎ムードです。博物館明治村とおなじ雰囲気がします。帰られる女子たちが「緊迫感なかったねー」と談笑しながら歩いていきました。怖そうで乗り気ではなかったので、ちょっと気楽になれてよかったです。場内は東京ドーム3.5個分だそうで、こういうスタンプラリーもやっています。

入口近くに監獄食堂があります。吹き抜けでテラス席もあり、入館しなくても入れます。ここで監獄食が食べられるとのこと。なんて素敵なカフェなんでしょう。時間があれば入りたかったです。

別の場所に喫茶コーナーもあります。

ゆっくり回ると2時間ぐらいかかりますが、お腹もすいていたので1時間ちょっとで半分ほど回りました。回った順と多少違いますが、印象に残ったとこなど書き残します。

マンガに疎くて初めて知りましたが、ゴールデンカムイを読んでおくとよかったかも。

また、コスプレイヤーにも網走監獄は人気のようで、撮影に関する注意書きがあちこちに書いてありました。思ったよりもずいぶん開放的な雰囲気に少しとまどいつつも楽しい感じで入っていきました。たしか18度ぐらいで、名古屋との温度差は約20度!カーディガンを羽織ってもまだ寒かったです。

当時の設備や建物が重要文化財や登録有形文化財になっていて、雰囲気は多少明るくなっていますが当時のまま残ってます。監獄の様子がよくわかるディスプレイがあちこちにあります。枕をたたいて起こされるやつです。

使われていた道具など。

本物かと思って何度かびっくりしました。

酷寒の地で過ごすという懲罰的な意味もありますが、北海道開拓でかなりの労働力になられたとのこと。何も知らずに行ってしまいましたが、展示を見て色々学べました。

上着と傘があり、4人目で記念写真が撮れます。

これも背負いました。めちゃくちゃ重かったです。

また、プリクラのようにマグショットが撮れます。スマホの自撮りモードより迫力ある仕上がりになります。私も撮ってみました。

寝起きと大して変わりませんでした…。

スマホ女??大変失礼しました。高倉健さんの写真で目をいたわってください。おなじ誕生日と血液型で光栄です!

まだ網走番外地を観たことがなかったのですが、この1作目を帰ってから観たらとてもよかったです。続きもぼちぼち観ようかと思っています。

入口ちかくに、網走番外地シリーズを撮った石井輝男監督についての碑がありました。

網走にお墓があり、高倉健さんの書が刻んであるとのこと。網走監獄に行ったときはそんなことも知らなかったので、お参りできず残念でした…。

こちらが監獄です。

また、外には懲罰房もありました。映画で高倉健さんが入っておられました。

移設して復元された教誨堂で、重要文化財になっています。

とりあえず写真は沢山撮ったのですが、最初に色々知っておくとより楽しめる(?)かと思います。もう少し早く着いたら食堂に行きたかったですが、でもなんとか予定通り網走まで行けてホッとしました。苫小牧港から799キロ一気に行きました!

こちら網走駅前です。向かいのルートイン網走駅前に泊まりました。繁華街は少し離れたところで、ホテルに荷物をおろしてさっそくでかけました。

(つづく)

【昨日の一日一新】

バードスペース名古屋

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする