お客様の困りごとにほぼ心当たりがある “間に合わない人”ならではの視点を活かしていきたい

Pocket

お客様からのお困りごとを色々お聞きしているときいつも感じるのは

「ほぼ自分自身に心当たりがある」ことばかりです。パソコンが苦手とか個人事業主・中小企業ならではの仕事に関することから人間関係に至るまで、儲かって儲かって困ります~というのを除いて、ほぼ全部当てはまります。

お客様の困りごとにほぼ心当たりがある

もうかって困ります系こそ、自分に心当たりがあろうがなかろうがまさに本業のスキルで貢献すべきことなのでそれは置いといて。今回書きたいのは仕事のできる人できない人についてのことです。皆さんそれぞれ真面目な方でお仕事に精いっぱい取り組んでいらっしゃるのですが、

・どんくさい人

・ルーズな人

・わがままな人

などいらっしゃり、色々手を尽くしてもなかなかうまくいかないとのこと。

私は困りごとの対象の代弁をする役目

お聞きするたび、自分のことを言われているかと思うぐらい耳と心が痛みます…。そして私自身なにも解決せずにそのまま現在に至っておりますので、何のアドバイスもできないのが辛いところです…。皆さま、こんなに手を尽くしているのになんでわかってもらえないんだろう?相手の気持ちがわからない、見えてこないとおっしゃいます。

私が自信をもって1つだけ言えるのは「相手の方の気持ちを多少は代弁することができる」ことです。特にどんくさくてルーズでボーっとして当事者意識のない人…。

「間に合う人」「間に合わない人」

うろ覚えですが、確か清水義範さんの名古屋についての本(蕎麦ときしめん、かそれに似た本)で、愛知県では仕事のできる人や気が利く人のことを「あの人は間に合う人だ」と言うと書かれていました。逆に「あの人は間に合わん」も使います。

間に合う、というのを時間以外でも人に対して使うのは、確かに愛知ではよく聞きますが他所の地域ではあまり聞かないです。またものづくりが盛んな愛知で使われているのがすごく興味深いです。直球すぎる表現で、グサッときます。本ももう一度読んでみます。

そうです、私は間に合わない人と自覚しています。間に合わない人のまま独立した私にはアドバイスなど一切できませんが、独立後に“間に合う人”の本音を直に沢山お聞きできる今ほんとにありがたいです。自分の肥やしにして活路を見出しつつ、でも解決法を探さなければ。まずはなかなか見えてこない“間に合わない人”の実態を代弁していきます。

当の本人も、注意されてなかなか改善できなくてもピンと来てないわけではない。一部の間に合う人に負担をかけて申し訳ない。わかっててもできない。というのは感じていました。同じように上手にできないもどかしい気持ちもあります。その人の持つ個性・気質にもよるので同じ方法が役に立つとも限りません。その辺の気持ちを汲んでもらうようにはお伝えしました。また私自身が間に合わない人なりにも身に付けたいくつかの仕事のルーティンで矯正されていることも多々あるので、ヒントになりそうなことをもっと分析してお伝えしようと思っています。性分はなかなか変えられなくても、それに合った方法で解決する道を色々提示すればどこかに活路が見いだせるかもしれません。

間に合わない人の活路を当事者側から見出していく

間に合う人&何でも知ってて何でもできる、教えられる人でないと独立してやってけないと思っていて、それで私はずっと独立は無理だと思っていました。が、色々お聞きして思ったのは、ダメな人ならではの視点、本音、克服方法などが生かせられるのでは。パレートの法則(2:8の法則 2割の優秀な人で全体がもってるetc.)が有名ですが、間に合わない人=8割とはいかなくても大半がそうなのではと思います。

間に合わないグループにいる私自身が、中の人の本音や特質を開示していけば変化のきっかけになるかもしれません。

(…って、その方を勝手に間に合わないグループに入れてしまって申し訳ないです。まだ誰にも知られていない秘めた才能もあるはず…またお聞きしてみます)

その人の持ち味を発揮できるような仕事の回し方など工夫し、お互い楽に仕事をしていけるようになればと探っていきます。万が一、私みたいに間に合わないことを苦にして長年過ごしてしまったらほんとにもったいないです。

(読み返すとずっと上から目線のえらそうな書き方で反省しております。一面だけでとらえず、その方の良さを引き出せる道などを自分の内面をヒントに探っていきたいです)

【昨日の一日一新】

・今シーズン初のブーツ

・in ゼリー ENERGY for Tomorrow

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする