確定申告無料税務相談会場に行って感じたことや注意事項など

Pocket

いまは個人の確定申告時期です。私も先日、支部の無料税務相談の担当で行かせていただきました。

地域や会場によって相談できる内容に違いがあります

私の行った会場では年金受給者や2か所給与、医療費控除の方を主に対象としておりました。

こういう方はお受けできませんの注意書きもありました。

例えば名古屋市ですと、税務署による確定申告会場と税理士による無料相談会と2種類あります。税務署主催の会場では、上記以外の申告を受け付けてくれます。ただし会場は税務署ではございません。(詳しくはリンク先の名古屋市のHPをご参照ください。)

地域によって違うので、行かれる地域の自治体のHPで確認されるとよいかと思います。

混んでいると早めに受付終了する場合が多い

これは、本当です。

会場にもよるかもしれませんが、病院のように終了時間までに診察券を出せばいいということではなく、終了時間に全員の申告が終わる、と考えた方が正確です。私の行った会場は4時までですが、3時台で修了でした。来場者が多いときは2時より前に終了することもあるとか。時間に余裕を持って行きましょう。

余談ですが、今年はちょうどオリンピックが開催されています。私の担当日はたまたま男子フィギュアのフリーの時間帯と重なっていたのですが、他の時間帯より空いていました。

過去のオリンピックでも浅田真央ちゃんの時間がガラガラだった(地元だけに)という話も聞きました。

オリンピックの放送時間がどこまで影響あるかわかりませんが、まだまだ女子フィギュアなど色々楽しみな競技が続きます。

受付終了時間にならないよう気をつけて、参考にされてもよいかと思います(ただし混んでいても責任は持てません)。

なるべく公共交通機関で行く 駐車場は混みあいます

これはどの会場も同じだと思います。町中だと、そもそも駐車場が無い場合もあります。

とある会場は駐車場の混雑が原因で、相談会の期間が短くなったそうです。そうなっては本末転倒なので、工夫して極力公共交通機関で行かれることをおすすめします。

事前に持ち物チェック

去年も申告された方は、去年の申告書があるといいです。金額のヌケモレがわかるので、ご本人はもちろん受け付ける税理士側も助かります。

何が必要かわからない方は、電話で最寄りの税務署に電話をかけて聞かれるといいかと思います。自動音声で応対するので、確定申告電話相談センターの番号を選択してください。

今回は開催初日だったので割と早めから用意された方が多く、資料不足で出せなかった方は私が受け付けた方ではいらっしゃいませんでした。意外と還付先口座を忘れられる方が多いので(郵便局で受け取る方法もありますが)口座還付希望の場合はメモするなりキャッシュカードを持ってくるなり忘れないようにしてください。

会場で申告すると翌年からは申告書が届かない

税務署はどんどん紙の申告を減らそうとしていて、確定申告会場にて紙で申告した方にはもう申告書は送られません。取りに行くか、電話すれば1週間近くかかりますが、郵送はしてくれます。

確定申告書作成コーナーにてPCで計算すれば必要なく、年々使いやすくなってきているためこの際できる方は切り替えた方がいいです。

ただ、年金受給者や医療費控除が多い方などは高齢者の方が多く、PCも苦手で外出も大変な方が多いです。せめてそういう方で希望される方には従来通り送ってあげても、と個人的には思いますが、ペーパーレス化包囲網は急激に広がっております。

忘れられないひとこと

若いお母さんの申告についてきてみえたかわいいお子ちゃま。

間違えないようゆっくり進めていたのですが、10分ほどして言われたひとこと

「ねー、おもしろくないぃ~」

正論すぎてもう、いたたまれなくなりました(*_*)

ごめんね、そーだよね!面白くないよね!私だって思うもん(コラっ!)

もうちょっとがまんしてネ…とおわびしながら、急いで進めました。

しかし、もっと楽しい申告ってできないでしょうか。100人に1人がタダとか(冗談です)。

確かに申告自体は書式もやり方も考え方も、お子ちゃま受け要素ゼロです。まあウケなくていいんですけど。

でも何年かしたら「正しい納税」のポスターなど、小学校の夏休みの宿題で出るかもしれません。そして、納税者になって国を支えていかれます。正しく関心を持ってほしいです。

ちょっと考えてみます!

【昨日の一日一新】

グルマンディーズ クッキー

先日買った分です。美味しくいただきました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする