年下の方に教わるのが苦手という変なこだわりがありました

Pocket

年上の人がえらくて、年下に教わるのが苦手という謎のこだわりがありました。
先生、先輩=えらい=年上、年下は自分より下
みたいな、年上原理主義的?な(うまく言えませんが)中学の部活のような認識を、自覚のないままどこかでそのまま引きずっていたようで。気づいてびっくりしました。
(もちろん、年齢関係なく相手には敬意を持って接するのが当然なのですが)
自分が年を重ね、高校野球、相撲はおろかプロ野球選手も全員年下です。
プロ野球なんて私より若い監督もいらっしゃいます。人生の折り返し地点を過ぎていますので当たり前ですが。マスターズリーグは大好きです。
なのに、本を読んでも無意識に著者の生年月日を見てしまったり(同い年でも早生まれかどうかまでチェック)、たぶん若い人への嫉妬もあるのだと思いますが、そういう先入観を持ち続けていました。
ただしジャニーズとかはこの限りではありません。今までの話と矛盾しているのはわかってます。
何でだったんだろうと思います。
ずっと同じ事務所で、同じ先生のもと、メンバーもたまにしか変わらずずっと一緒だったのもあるのでしょうか。(ほとんどの期間、私が一番年下でしたが一番エバっていました。)
ダイバーシティとは無縁の、小さな世界にずっと身を置いておりました。
独立して、お客様がほとんどが年上の方となったときにはっと気づいて、それで考えを改めました。
(年くっておりますが)新米の私にもプロとして接してくださり、年上年下とか変にこだわっていた私って、いったい何だったんだろうと思いました。
そういう、互いを尊重し合える素敵な方々と仕事させていただいている、この環境が恵まれ過ぎているのだと思います。そうじゃなかったら独立できなかった弱いメンタルの私。
いい方ばかりで、ほんとに感謝しております。
とにかくここで猛反省をし、以後あえて年齢や環境の違う方々と知り合っていこうと、枠を広げるようにしました。
年下の方の本やセミナーなどもバリバリ取り入れております。
組織に属していない分、自由に動けてありがたいです。来週また、そういう機会があるので楽しみです。
まだまだへんなこだわりを引きずっているので、気づいたらここに書いて1つずつ成仏させたいと思っています。
山部赤人さん、めっちゃ年上です。よって古文や漢詩などはありがたいと思って習っていました。
【昨日の一日一新】
会計ソフトのあるサービスを断った
1年間全然使わなかったので、2回目の請求書が届いた昨日、断りの電話を入れました。引き止められましたが、また利用するときに申し込みます。
The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする