工場は急に止まれない?国の違いでびっくりしたこと 

Pocket

最近知ってびっくりしたこと。

6/9,10に中国の青島で国際会議(上海協力機構首脳会議)があるそうなのですが。

会期間中だけでなく会議が始まる前の約2週間、今回の会場になる青島市の工場の一部(大気汚染対象工場)が操業停止になるとのことです。

(うろ覚えで微妙に内容が違っていたらすみません)

しかも、前々から言われるのではなく、言われたのは割と最近(4月か5月とか)で、かつ突然だったとのこと。

そんなバナナ!(ふざけてすみません)そこの工場も、そこと取引のある外国の企業も、急な話だしお互い仕事も出来ず困っているようです。

日本では起こらなさそうなことでびっくりしました。伊勢志摩サミットの時にも工場を閉鎖するとかなかったですし、今は2年後の東京オリンピックに向けて念入りに準備しているというのにだいぶ違いますよね。お国柄の違い?どうして?でしょうか???

調べてみたところ、中国語圏ビジネス支援をされているミツトミ株式会社さんのHPに理由や背景がわかり易く載っていました。

山東省企業がとつぜん操業停止となった意外な理由

以下、この記事とウィキペディアなどをもとに私がざっくり意訳しますと

(私は世界情勢も疎いので初めて知ったのですが)

上海協力機構というのは中国やロシア、インドなど8か国が加入する国家連合&組織(日本やアメリカは入ってない)で、使用言語も中国語かロシア語。

中国にとってはとても大事な会議であり、大気汚染などトラブルがあっては台無しになるので、急きょ国際会議の直前に半径300キロ圏内の大気汚染対象工場を操業停止させるに至ったようです。

(そうすることで大気汚染の数値も下がり、青空だった日数が増えたなど報告もできる=中国すごい!となるシナリオ?)

操業停止による経済損失よりも、この国際会議での成功を最優先させる理由がわかって納得しました…。この会議の準備が急ピッチで進んでいるというニュースも見ましたが、さすが、急ピッチの勢いが違います!

そういうカントリーリスクにも備えないといけないので大変です。(もちろん大気汚染がいけないのですが)

ただこの話を聞いて、テストは一夜漬け&8月後半に夏休みの宿題を大急ぎで片付ける&健康診断の前に慌てて運動したり野菜を多めに食べたりするような自分の行動を思い出した次第です。そしてまた、「ご利用は計画的に!」も思い出しました。いちいちスケールの小さいたとえで恐縮です。

私なぞひとり税理士で半径○キロの世界で生きていることがほとんどなので、このように世界情勢もみておくべきことを痛感した次第です。

無事終わって、さらに環境もよくなることを願ってます。

【昨日の一日一新】

ガスト お濃い抹茶ババロア

ドリンクバー単体よりも安くなるためセットメニューにしたのですが、想像以上に濃厚で美味しかったです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする