ブログを書き始める時間が遅れると書き終わるのも遅くなるの法則(私限定)を検証中

Pocket

ブログを書く時間は個人差があると思いますが、私はお昼ぐらいまでに書き終わるようにしています。

続けることを優先しているため、そうしないとハラハラして精神衛生上よくないのです。もっと他の時間でも書ける心の余裕を持ちたいですが、なかなか…。

書き始めが遅いと余計に時間がかかる?

勤務時代は主に出勤前かお昼休みに書いていました。独立後も最初のころは早い時間に書き始めていましたが、少しずつ遅くなっていきます。

不思議なことに、書き始める時間が遅いと、完成するまでの時間もダラダラとのびていってしまいました。

もちろん時間の余裕もあるので、その分ちょっと突っ込んだ内容まで書いたりすることもあるのですが、明らかに能率が下がっていることの方が多いです。

朝、書くことにしているので余計に感じます。

因果関係があるのでしょうか?

精神衛生上もわるい

タスク管理で毎日の執筆時間は残しているのですが、書き始めが1時間遅れると、書く時間も1時間のび、だいたい2時間ぐらい遅くなっています…。

そういう時は文章もうまくまとまらず、書き終えても心身ともに疲れはてています。

続けているのにこのザマで、朝からいったい私は何をやっていたんだろうという自己嫌悪にも襲われ、書き終えた後も1日中引きずります…。

書き始めを早くしたら書く時間も短くなった

思い切ってここ1週間ぐらい書き始めの時間を少し早めたら、やはり早めた分だけ書く時間も短縮されました。この方が体のリズムに合っているのでしょうか。

この調子であと1時間半ぐらい早めると、瞬殺で書けることになります。ものすごい発見をしてしまいました。

数式化まであと一歩

ちがう、そうじゃない。最低1時間~1時間半はかかります。

また9時以降に書き始めると“遅れた分だけのびる”の法則に引っかかります。

・7時半までに書き始める→9時には終わる

・8時までに書き始めるのが今の目標

・9時以降に書き始める→お昼までかかる(×2の法則発動)

数式化できそう!と思い30分ぐらい考えたのですが、文系の頭では難しい。

ブログ執筆時間=90分±遅刻した時間×2

もっと変数を確定させれば、損益分岐点売上高系のフォーマットに落とし込めそうです。そうすれば、書き始めのベストタイムが割り出せます。

ただし私だけの法則です。こんなことを考えているので、いつも執筆時間がいたずらにのびてしまいます…。

あと30分~1時間ぐらい早く終わるのが理想なので、これから徐々に早めていきたいと思います。そして数式ができたら、実際に検証してみたいと思います。

【昨日の一日一新】

1.ほぼ日手帳 IN MY LIFE

ブログにも書いたIN MY LIFEをえらびました。また後日書きたいと思います。

2.BABY FACE PLANET’S

念願かなってやっと行けました!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする