まだ電卓って要るんですかね?

Pocket

昨日、お客様訪問時に言われてハッとした言葉があります。

私「今日は買ったばかりのAppleWatchで改札を通ったんですよー。Suicaを登録してあるので、時計をタッチするだけでいいんです。定期入れ探してたらあの電車乗れなかったかも。ほかに電話に出られたり、買い物もできるんですよ。」

(Apple Watchはしばらくの間は仕事用Suicaとして着用します)

などという雑談の後に、「そう言えば最近電卓も新しいのにしたんです」と、この左側の電卓を出したところ、

「スマホやAppleWatch、Excelなど使いつつも、まだ電卓って要るんですかね

まだ電卓って要るんですかね?

…言われるまで気づきませんでした。実際使うかどうかはさておき、お客様訪問時にはいつもかばんに入れているのであまりそういう目で見たことがなかったのですが

税理士同士でも電卓の要る要らないはよく話題になります。

試験では電卓は必須ですが、実務ではむしろ電卓を使わずに済むデータを作成した方が便利なので、どんどん電卓の出番は減っていってます。いまもバリバリ使う人も多いですが、完全に使わない人も増えてきています。私は時々は使うので、大原に通ってた時買った右の電卓を25年ぐらい愛用しておりました。最近液晶の文字がかすれるときがあるので、使用頻度は少ないものの使うときに間違ってはいけないと思って久々に買い換えました。

仕事をしてて丸一日使わない日も結構ありますし、たいていはスマホの電卓やパソコンでExcelで事足ります。でもやはり私は電卓を一応持っておきたい派です。なぜだろう、と考えたら2つほどありましたが大した理由ではなかったです。とりあえず列挙します。

勘を鈍らせたくないため

キャッシュレス決済を覚えつつも、やはりおつりの計算で頭の体操をしたいので現金払いも続けたい、というのと似た発想です。バイエルを終わらせなくて、ピアノを小2で挫折した私。なので電卓で指を動かして頭の体操しないとますます鈍ってしまうからだ、と思いましたが、今パソコンを両手両指を使って叩いておりました。絶対こっちの方がピアノ並みに動かしています。

ほかに何でしょう?長い縦計が合うと「まだ大丈夫、勘は鈍ってない」とほっとすることがあるのでその自己満足のためでしょうか。たとえ全然合わなくてもやめる気はございませんし、自分の健康管理には役立つかもしれませんが、それが効率化を阻んでいては無駄なので再考すべきですよね…。くせ、というか習慣に近いです。

一見、合っていそうな表の数式ミスや表示間違いの確認のため

私はこの手の表に何度もだまされてきました。パッと見たところ合ってそうだけど実は縦計が合っていない…。手書きやPDFに限らず、Excelでも税務ソフトからの表でも起こります。先方がつくられたものだけでなく、自分で作った表でも経験しています…。

税務ソフトで出力する表の表示項目が漏れている

ものすごい言い訳ですみません。新規で規定通りのものを使う場合は問題ないのですが、カスタマイズ時やソフトの大幅更新があったときにツギハギで手直しすることがあり、それで計算はされているのに表示上出てこない、など色んなミスを経験しました。

Excelの数式で円未満の端数処理ができてなかったり、数式が消されたりして合計が合わない

手書き以外でも、給与計算を自前のExcelで計算している場合、数式があっても無くてもずれていることが多々あります。端数処理で1円狂う、数式が消えて数字が直で入ってた、など色々あり、なぜか仕訳でバランスエラーがでるまで気づかれないことが多かったです。勤務時代散々苦労して改善に手を尽くしましたが、今でもたまにあるので油断できません。

これを、現状では電卓での検算という力業のアナログ手段で対応しているためなかなか改善しません。人力が介在するとこのような間違いがでるので、人力を排除する方向にもっていかないとだめです。ただ現状では、まだAIやITも完璧でないし(なにもかも移行期間でいろんな手段が必要で大変)私も全自動化するまではまだまだなので、どうしてもなところは電卓で補完しているのが現状です。あと、全部ITだけだと目視してたらあり得ないようなミスもたまにあるので、やっぱり人の目で見ることも大事かと個人的には思っています。

…と、長く愛用してきた者としての言い訳もありますが、やはり客観的に見て電卓は今時の製品から浮いてるんだなあとに気づかされました。電卓でのチェックも大事ですが、元から直すということ、時代の流れにあった対応に移行していこうと思いました。

と言いつつ、きっとこれからも末永くカシオの電卓を愛用し続けます。(このカシオミニをかけてもいい)

【昨日の一日一新】

・セブンイレブン 金のカフェラテ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする