BRITAのfill&go active 持ち歩ける浄水器 出先でも水道水をろ過して飲めるので、ペットボトルの節約ができます

Pocket

BRITA fill&go activeという、水筒タイプの浄水器を買ってみました。

出先でも水道水をろ過して手軽に飲めます。旅行にもいいかも。わざわざ浄水器を取り付けるまでもないけど、飲み水がちょっと気になるぐらいの方にちょうどいいです。

BRITA fill&go activeの使い方

昨日はコワーキングスペースに持っていきました。ばらすとこんな感じです。

カートリッジは1分ぐらい浸水させてから使います。

置いて

この順番で取り付けるだけなので簡単です。

飲み口はマウスピースになっていて、

上に押し上げると飲めます。飲む瞬間にろ過されます。

持ち歩くときはこのキャップをはめます。取れてもマウスピースを下げておけば大丈夫とは思いますが。

メリット

私が気づいたメリットデメリットを書いてみます。

ペットボトルのごみの削減

これに尽きます。家にいるときはもちろん、出先で飲み水があればこれで浄水すれば買い足さなくていいので、自習室や職場など滞在先には空のボトルを持参すればOKです。旅行でも飲み水OKの蛇口があれば行く先々で使えます。

取り扱いが楽 重くない

メインは水道水ですが、去年の秋に体調を崩してから水を買うようになり、最近は10リットルの水のタンクを買って飲んでおりました。手軽でいいのですが、重くて宅急便の方にも申し訳なく、また自分で交換するときにも一苦労でした。

もともと名古屋の水道水は美味しいことで有名で、蛇口から出した水をそのまま飲んでOKなのに、ここまでしてこんないいお水を飲まなくてもいいかなと思っていました。塩素も正直まったく気にしてませんでしたが、これがあれば煮沸しなくても塩素除去できます。ポットよりも小さいし冷蔵庫にもいれやすいです。容器も軽くて割れない素材なので気楽に使えます。

コスト削減

フィルター1枚で150リットル&4週間もちます。1枚あたり千円弱(まとめ買いだと1枚600円ぐらい)で、ブリタのHPによると水1リットル当たり4.5円です。1か月で150リットルも使いませんが、月一交換必須なので千円弱かかるとして。家で買うミネラルウォーター代はまるまる節約できますし、出先で買うペットボトルもだいぶ減らせます。ボトル代はカートリッジ2枚付きで約2500円でしたので、3カ月ぐらいで元は取れそうです。コワーキングスペースに持っていきます。

デメリット

意外とかさばる

鞄に入れるとフタが取れそうです。フタなしだと不衛生なので、フタを付けたまますっぽり入る巾着袋でも持とうかと思ってます。

保温機能なし

私は常温水の方がいいので問題なしですが、冷たい水を入れてもぬるくなっていきます。40度までのお水が推奨されています。

共有しづらい

まあそもそも単独使用を目的とした商品だと思いますので別に構わないのですが、飲み口がマウスピースなので、その日マウスピースから直飲みしたらほかの方とは共有しづらいです。気分的にはペットボトルよりも。共有したい場合は、直飲みせずコップに入れて飲めばいいかと思います。

水筒よりもこぼれやすい(中身を入れたら立てて持ち歩く)

水を入れてからエコバッグに入れて持ち歩きましたので書き直します。歩いているうちに横倒しになっていたので、やはり少しこぼれておりました。立てて持ち歩くなら多少は大丈夫と思いますが、持ち歩く際は空にして、他の荷物とは別にして持ち歩いた方がいいかと思います。

出先次第では、ブリタでろ過してから別のタンブラーに入れて持ち歩こうかと思いましたが、それだと塩素除去されてるので、水道水よりも雑菌がわきそうなのであまり意味がないですね…。

ペットボトル水からだいぶ置き換えられる

メリットデメリット色々書きましたが、これからはカートリッジを変えるだけで済むようになって助かります。もちろん持ち歩くときなどはペットボトルの水も買いますが、私の場合だいぶこちらに置き換えられそうで、配達やゴミの取り扱いを含め管理が楽になると思います。空のボトルだけ持っていけばいい場所ではこっちを使います。

Amazonでも売っています。

ブリタ 水筒 直飲み 600ml 携帯用 浄水器 ボトル カートリッジ 1個付き フィル&ゴー アクティブ ライム 【日本仕様・日本正規品】

4週間でカートリッジ千円

【昨日の一日一新】

・BRITA fill&go

・石井食品 玉ねぎハンバーグ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする