腹が減っては戦はできぬ その2 不摂生がたたり税理士試験が終わってから疲れ果てて無気力になりました

Pocket

税理士受験時代の食事の話ですが、自分がうまくできなかったのでほんと後悔してます。もともと(料理は下手ですが)自分でお弁当を詰めて食事にも気を使っているほうだったのに受験期間はおろそかになって、そのあとも悪い習慣が引きずりました。いまその反動で色々食べたり飲んだりしています。長期間自分の時間を削って勉強に人生をささげるので、飲む回数は減ったとしても食事や睡眠は絶対おろそかにしてはいけません…。

私の場合、栄養不足→頭が回らない、体力が落ちる、常に疲れている、精神的にも滅入るの悪循環でした。まだ疲労だけですんでいたらいいのですが、精神的にくると大変です。

当時(20年以上前)心療内科というのも知らず、試験終了後に体の疲労とも違うわけのわからないしんどい症状に悩んでました。いろんな要因もあったと思いますが、試験終了後数年間、気持ちもふさぎがちで無気力な状態が続きました。地下鉄のホームで自分の意思と裏腹に電車に吸い込まれそうになったり、一体何に追い詰められていたのか自分でもわからないのですが、数年ぐらいあぶなかったです。今でこそホームドアができたのでよかった(?)のですが、あまりにも疲れたり追い詰められるとそうなるようなので、根詰めすぎないよう息抜きや養生は大事です。

そのころにジャニーズにはまって生きる希望を見出し、救われるのですが(笑)せっかく受かったのに心身ともに疲弊して、独立どころかもう税理士にかかわりたくないと税理士アレルギーになってしまいました。周りにはすぐ登録して独立した同い年の友人女性もいたのに、そういう姿に焦りつつも自分はこりごり、仕事はずっと税理士事務所で続けているものの税理士には絶対ならない!と追い出されるまで税理士登録もせずに20年放置しました。

今だったら多少手を抜いてもうちょっと楽にやったかもしれませんが、その後登録する気力が失せるまでやるなんて本末転倒でほんとに要領が悪かったです。なお、学習能力がない私は少し回復した数年後に中小企業診断士を志し、同じようなことをしてまた心身ともに疲弊します…。その後その反動で料理教室に通ったり、今は食べ歩き飲み歩きをしてとても極端な食生活になってますが足して2で割るととちょうどいいかもしれません。

共著の本“十人十色の「ひとり税理士」という生き方が出ておかげさまで1年になりますが、“夕方6時にご飯が食べたいなあ”(うろ覚え)という内容を書いたのも、こういう経験があったからです。仕事しながらだと毎日夕飯がどうしても遅くなってしまうので、家で夕ご飯をこのぐらいの時間に食べられるだけでだいぶ健康になるのに、と常々思っていました。

とは言え昨日は夜9時までぶっ続けで仕事してから食べたので、なかなかうまくいかない日もありますが(^^;今週は津で火曜水曜と夜に会議があり、始まる前に一緒に6時からお弁当を頂けて、理想の2日間でした。

体調が良くないと実力も発揮できませんし後々悪影響を及ぼし、長年ひきずることもあります。早く独立したい方、試験の後にも精力的に動けるように、日頃からちゃんと食べて寝て栄養をつけてください!

アイキャッチ画像は、先日食べた野菜の蒸籠蒸しです。美味しかったです!

【昨日の一日一新】

・今年初めてのUFJ通帳記帳 あまり使わなくなったので、なんと記帳は1年ぶりでした。

紙の通帳が原則廃止になるというニュースを見て、中には不便に感じる人もいるのではと思ったのですが、自分自身記帳をサボりつつも心の片隅でずっと気にしてたので、ない方が管理が楽かもしれません。

・ふるさと納税 名取市 お礼の品とどく

たまった処理などすこし進んですっきりしました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする