AFP認定研修が終了しました

Pocket

7月から受講してなかなか終わらなかったのですが、ようやく終了しました。

あとは、資格登録手続きをすればOKです。

AFPは、FP2級合格者か一定の実務経験のある方が所定の研修を経て得られるファイナンシャルプランナーの資格です。税金以外の幅広い分野の知識が学べていいなと感じました。

FP2級だけでもいいのですが、今後も継続研修を受けて最新情報も得たいと思い、去年の9月の独立にあたって、まずはFP技能検定の受験を決意。

9月の試験の申し込みは終わっていたので、今年の1月にFP3級を受験→合格後5月のFP2級を受験して7月に合格、直後にAFP認定研修を受講しはじめ、昨日でやっとこさ終わりました。

2級合格後にAFP認定研修を受講 認定研修は色々

2級合格&AFP認定研修を修了するとAFPに登録できます。色々な方法がありますが、実はあんまり把握しておりません…。

税理士用の認定研修もあるものの、時間とお金がかかりそうだったのでやめ、2級までは市販のテキストで独学し、AFP認定研修は通信講座を選びました。

FP市場のeラーニング版AFP認定研修

申し込んだのは、株式会社日本投資環境研究所(みずほフィナンシャルグループ)が運営するFP市場の2級FP技能検定合格者向けAFP認定研修講座eラーニング版です。

受講期間は1年間で料金は10,280円、添削問題は1回です。

1年在籍する必要はなく、1年以内に添削問題と提案書を提出して合格点に達したら終了です。最低在籍期間1カ月という期間制限もなくなり、早い方だと1週間とかで終了したというのもどこかでみました。

私が調べた限りでは一番早く終了できそうな講座です。eラーニング講座なので、PCやスマホで学習できます。写真の冊子のみ郵送され、テキストはネットでPDFダウンロードできます。

テキストも、添削問題を解くためだけなら2級を終了していれば見なくても大丈夫そうです。(それでは本末転倒なので、復習用にダウンロードしてあるのでこれから活用します)

その後添削問題=ネット上で選択式と提案書=Wordの答案用紙に記入しPCで送信します。

合格点に達するまで何度でも再提出するのですが、幸いどちらも1回で終了しました。

頑張れば数日で修了できると思います

合格後の知識の定着している間に時間をとって腰を据えて取り組めば、数日で出来ると思います。

私はほんとうはお盆休みで終えるつもりが、3カ月かかりました。

終わるまでずっと気にかかっていたので、精神衛生上もその方がずっとスッキリすると思います。

選択式の添削問題はその場で合否がわかり、提案書の方は送信した翌日に結果発表メールが届き、ログインして合否確認します。

提案書は添削はされずに合否のみでした。(再提出の場合の返却の有無は不明です どこかに書いてあったかもしれませんが)

1回の添削でかなりショートカットして修了してしまったため、今後の勉強は必須ですが、まずは無事終えることができてよかったです。

急いで取る必要のある方の参考になれば幸いです。

【昨日の一日一新】

AFP認定研修が修了

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする