痛くないのに無意識に古傷をかばってしまっていて余計にたちが悪い

Pocket

先日も少し書きましたが、

これが本当のストレッチ目標

夏に転んでひねって放置していた右足首の治療のために週1で接骨院に通っています。今年中に足首のことを忘れて普通に過ごせることを目標にしています。

こけたときの打ち身以外は痛みは無くて、直後からずっと普通に歩けてます。でもこけたときにひねった感じだったのを気にして(たぶん筋がのびたかも)、かばうような歩き方をしていたので動きが悪くなってます。正座もおそろしくてやめてます。

通ってしっかり治そうと思ってたのですが、どうも先生がおっしゃるには、

「思い込んでるだけで何にもわるくないですよ」とのことでした。

施術台にあがって最初に仰向けに寝たとき、左足は自然に少し開いた角度になってますが、右は開きが悪いです。でも足首が動かないというわけではなく、動かしても痛みも無いです。少しほぐしてからもう一度同じ体勢になると左右とも同じ角度で開きます。

気にしすぎて変にかばいすぎて、癖がついてるだけのようです。痛みがあるケガだったらかばうのも仕方ないですが。実は手も同じで、昔酷いあかぎれがあったときの名残でペンを持つとき無意識に指をのばして持つときがあります。この場合は骨ではなくあかぎれなのでちゃんと握れるのはわかってるので気にしてなかったですが、足首なので慎重になりすぎてました。

「痛いままよりも、かえってたちが悪いですよねーあはは」

なんて言ってから、我に返りました。たちが悪いのは私そのものではないでしょうか。

ちょっとした出来事があったものの、実際傷ついてもいないのにその後も自分をかばいすぎて自由になれてない。自分が思い込んでるだけではないか。書いてて辛くなりました。心身一如といいますが、ほんとその通りです。

動きが悪くてかばってばかりだと他の体の部位にも負担がかかって余計にバランスが悪くなります。また、もともと体がゆがんでるのでそれでかばってしまうのかもしれないです。バランスを整え、体幹と筋肉を鍛えるときちんと動けるようになるとのこと。やはり生き方に通じるものがあります。教わった足首の体操(所要時間1分)を頑張ってやってます。

無意識の癖が自覚できて、また足首ももう気にしなくていいのがわかって安心しました。所要時間1分の体操も思いつけばすぐできますが意外と忘れやすく、先日は歯医者さんの診療台で先生を待ってるときに思い出してコソっとやりました。習慣ってあと少し踏ん張ればこんな感じで続けられるのかとも思いました。今朝はまだやってないので今からやります。

アイキャッチ画像は、先日から使い始めたやや大きめサイズの超快適マスクです。私は顔が大きい上に耳が後ろについてるので、大きめでないとマスクが顔にめり込んでつらいです。超快適は紐がゴムではないので、耳あたりは優しいのですが普通サイズだと耳まで届きづらいです。なので以前は紐を引っ張ってはめてましたが、使う前に何度かちぎって悲しい思いをしまいました。大きめだとそういう悲しみも味わうことなくそのまま使えてまさに超快適です。

【昨日の一日一新】

・蒲郡みかんCRAFTチューハイ

・鯱もなか 紅茶パウンドケーキ

・ウィッチウェイ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする