新春1日1新まつり

Pocket

以前からたまに1日1新の方が長いことがありましたが、お正月なので?今日は1日1新のみにします。

たいしたことは一切していない、ただの覚書です。

【昨日の一日一新】

1.リアルな知人から“ブログ見たよ”と連絡あり

→ついにこの日が来ました!

知り合いにはブログをやっていると一切伝えてなかったので(こんな内容ですのでお察しください)、もしブログのこと言われたらどうしよう…といつも不安でドキドキしてたのですが。

実際言われてみたら、言葉に出来ないような感動がじわじわこみ上げてきました。ブログに対して、少しずつ正の感情が湧いてきてありがたいです。

(でも甥っ子に見つかったら、気絶すると思います。)

2.花乃舎 和菓子いろいろ

花乃舎さんの和菓子は、茶道のお稽古でよくいただきます。大好きです。

お正月なので、奮発して買ってきました。どれも初めてです!美味しかったです。

私は名鉄百貨店で買いましたが、本店は桑名にあります。池波正太郎さんもお気に入りだったお店です。

3.亡き伯父の陶芸のアトリエを見学

多趣味な方で、リタイア後は自分の工場(こうば)を自力で改装してアトリエにし、ろくろ・釉薬など自前のものを揃えて楽しんでみえたそうです。素人ですが、私と違ってすごく上手でした。

名古屋に来てからあまりお会いする機会がなく、通夜のときに初めて知りました…。生前に色々教わりたかったです。

陶芸に興味があるのは私だけなので、近ければ通いたいのですが、遠いし使いこなせるレベルでもなく…。考え中です。

【おまけ】

以前書いた気がしますが、実家の茶筅の保管方法が斬新だったので見てください。

正しくはこのように保管します。

ボロボロの見苦しい茶筅で申し訳ございません。

この円錐っぽい形のものが茶筅の“くせ直し“です。

くせ直しには真ん中に空洞があり、そこに茶筅の真ん中の竹を入れて、外側はこのように広がるようにかぶせます。そうすると綺麗な形をキープできます。

使い方のわからない母は、このようにしまっていました。

これを見たとき、死ぬかと思いました。

茶筅に対して使うものとは知ってたようですが、まさかこんな入れ方を思いつくなんて。

逆にちょっと感動しました。

知らないからこそ斬新な発想も出てきます。

私もこういう血を1親等で受け継いでいますので、色々笑われることも多いですが、めげずに楽しみながらチャレンジしようと思います。(陶芸の伯父は姻族なので残念です)

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする