倉美紀さんの和紙スイーツ展に行きました 12/2まで“紙の温度“さんにて開催されています

Pocket

昨日は倉美紀さんの和紙スイーツ展に行ってきました。

会場は、熱田神宮近くの紙の温度さんです。色んな種類のすてきな紙が置いてあるお店です。個展はこの中のギャラリーにて、12月2日まで開催されています。

倉さんとは、和菓子教室で知り合いました。

とてもお上手なうえにおきれいな方で、同じテーブルで仲良くさせていただけて、ほんと嬉しかったです。

秋のコースから別々になり、連絡先までは交換してなかったので残念に思っていたところ、なんと街でばったり再会!私の念力が通じたのでしょうか(こわい)

お互いいつも通らない場所&時間帯だっただけに、偶然に感謝してます。

きれいなうえに凛とされてて、何をされている方なんだろうとひそかに思っていたら、なんと和紙でスイーツを作られているとのこと。

和紙スイーツは、倉さんのオリジナルです。商標登録もされてみえます。すごいです!

やはり素敵な方は素敵なお仕事をされていると、改めて納得した次第です。10年目の個展をされるということで、初日に行ってまいりました。

今回は特別に倉さんの許可を得たので、写真&ブログ掲載させていただきます。(ありがとうございます)

和紙スイーツを撮影したカレンダーを毎年作られてみえて、今回はその10年分のなかから月ごとにセレクトしたものを展示されていました。

みんな和紙でできているんです!本物みたい、というより本物よりかわいいです。ただし食べられません。

真ん中のビスケットのなんて、「ポケットのなかにはビスケットがひとつ~♪」の世界のそのまんまです!

スイーツにはそれぞれ物語もあって、倉さんにそのときの思いをお聞きしながら、たっぷり堪能させていただきました。

色も微妙なグラデーションが施されています。お菓子の焼き具合がリアルでした。

あとで色をつけるのではなく、とっても薄い和紙を何枚か重ねて表現されるとのこと。

そしてよく見ると、ものすごく細かい技が使われているんです。

一旦紙をより合わせて紐にしたものをさらに包んだり、実際のお菓子の焼き型を使って作られたり。イメージをかたちにするテクニックが、ほんとに見事でした。

デザインも作り方もどうやって思いつかれるんでしょう!

オリジナルなのできっと難しいことも多いと思いますが、楽しんでされているのが作品からもすごく伝わってきました。

紙の柄を活かして、そこからデザインの発想をされたりもするそうです。

和菓子を習われるようになって、さらに作る世界も広がったとのこと。

Oh、私は何も考えずに習っておりました!恥ずかしい。私もただ食べるだけでなく、なにかに生かしてみたいです。

また、倉さんはそういう出来上がったときの感動や、実際そのお菓子を食べるときの至福のひととき、こういう瞬間を重ねるのが嬉しくて、大切にされているとのこと。

普段、指を動かすと言えばもくもくとキーボードを叩くぐらいで、紙でなにか作るのは折り鶴が限度の不器用すぎる私。

このままではどんどん五感が退化していって、ちょっとまずいのではないかと心配になってきました…。

せめてもうちょっと日常にカラフルでかわいいものを置こうと、倉さんのポストカードと来年のカレンダーを買ってきました。

チラ見せですが、もう本物じゃないですか。うっとりします。食べたいです(ダメです)。

来年のカレンダーに載った作品も一部展示されており、とっても素敵でした。あとは使うときのお楽しみにします♪

会場は、熱田神宮やうなぎの蓬莱軒さんにも近いです。写真以外にも沢山すてきなお作品がありましたので、ぜひ間近でご覧ください。

また、紙の温度さんには普段見かけないような素敵な紙がとても多く、スイーツは無理でもラッピングなら私でも使えるかも。また改めて行ってみたいと思いました。

倉さん、どうもありがとうございました!

【昨日の一日一新】

紙の温度

和紙スイーツ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする