両口屋是清さんの和菓子教室 干し柿入りあんこで和菓子を作りました

Pocket

昨日は両口屋是清さんの和菓子教室、秋のコースの最終回でした。

(ちょっと斜めから撮りました このあと猛ダッシュ)

今回は干し柿入りあんこで和菓子を2種類作りました。

右がういろう製の“枯露柿”というお菓子で、小豆こし餡&刻んだ干し柿を混ぜた小豆柿餡を芯に入れてます。いちおう干し柿のかたちをイメージしていますが、わかりますでしょうか。

左が白餡&刻んだ干し柿を通し(ザル)で濾してきんとんにしたもので、“山里柿“という名前です。柿と言うよりは写真だとウニにしか見えず、里の風情どころか海の幸になってしまいました(^^;)でも美味しかったです。

柿をかたどったお菓子の形状は3パターンぐらいあるそうで、木に実っているところ(四角い柿)、干しているところ、干し終わって粉が吹いているところ(今回)などがメジャーなようです。

今回は2つとも完成したあんこをに柿を混ぜて、それを成形しただけだったので早く終わって楽ちんでした。以下、ハイライトシーンだけお送りします。

まずは、ういろう製の“枯露柿“です。ういろう生地で柿小豆餡を包んだところです。

ういろう生地は扱いやすくて好きです。上達したかと思ってしまいます。

1つだけ先生が包んでくださいましたが、わからないですよね?と思いましたが、やっぱり右上のがひときわ綺麗です。

このあと柿らしくへこませます。

ヘタをつけ、干した後のように片栗粉をかけてできあがりです。ヘタが大きすぎ、粉が雑すぎましたが何とか干し柿にみえるでしょうかね。

続いてきんとん製の“山里柿”です。白餡の生餡と柿のみじん切りを混ぜます。

クリームチーズのような見た目で、おいしそうです。このままパンに付けてもよさそうです。

大きめの通しで濾してきんとんをつくります。

干し柿の粘り気で成形しやすく、こちらも上達したかと勘違いしそうになりました。仕上がりはそうでもないですが…。

見本はこちらです。やはり上品で、私のとは全然ちがいますね。ウニのかけらもないですし、ヘタが大きいと野暮ったくなるのがよくわかりました。

いまは去年の冷凍干し柿を使って作られるそうです。柿餡は混ぜるだけで簡単なので、干し柿が出来たら自分でもやってみたいです。

今回は作ったお菓子を食べず、デモンストレーションで作られたチョコレート餡をその場でどら焼きにしてもらって頂きました。

こちら、ヴァローナのチョコと白生餡、その他諸々をまぜているところです。ヴァローナは製菓用の最高級チョコで、美味しいチョコレート菓子はヴァローナのチョコが結構使われています。今回のも1キロ5千円近くするとか!もはや牛肉並みです。

白餡はクセがなく、またチョコレートと混ぜても白くならないのでチョコレート餡には小豆餡ではなく白餡がいいとのこと。

そして、こんな感じで焼いてくださいました。

どうやったらこんなに同じ大きさで均等に焼けるんでしょう!

ひっくり返すコツなどお聞きしました。和菓子はパンや洋菓子作りと違って、小豆の香りぐらいしかしないので、ずっといい香りがして幸せな気分でした。

出来立てを頂きました。千なりとは違って少し薄い生地です。

見た目は小豆のあんこにみえますが、チョコレートの風味が効いていてとてもおいしかったです。さすがヴァローナ!チョコクリームとはまた違っています。個人的にはチョコレート餡の方が好きです。

毎回(教室でつくったあんこで)コレが食べたいです!とリクエストしました。へんなこと言ってしまって、次回の抽選に響かないか心配です。(そんなのは一切関係なくくじ引きらしいですが)どうか当たりますように。

【昨日の一日一新】

・柿のお菓子 枯露柿と山里柿

・通販で頼んだモバイルWi-Fiが届く

・同じくノートパソコンも届く

昨日の午後注文して、翌日午前中に届きました。設定はこれからです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする