年末の一日一新まつり 2017年その2 宇和島→松山(12/30午前中)

Pocket

昨日は朝宇和島を出発して松山まで移動、路面電車で松山市内を観光して夕方の飛行機で帰ってきました。

松山は3回目でしたが、昨日も一日一新が多かった(好き好んでやりました)ので覚書します。

1.フォンティーヌ(南国市) ぼうしパン

2.カネキチパン(宇和島)バタークリームパンとチョコパン
駅の売店で買った地元のパンを朝ごはんに頂きました。
たぶんケンミンショーで知って食べてみたかったぼうしパン。ぼうしがビスケット状でカリカリして美味しかったです。味は違うけどメロンパンの皮みたいなアクセントです。
カネキチパンは宇和島のパンメーカー。駅のお土産コーナーにありました。現地の袋パンは見つけたら必ず買います。素朴な味で美味しかったです!
写真に映っている“大番”は、このブログ書いたらいただく予定です。
宇和島は食事と宿泊だけでしたが、サイクリングやドライブが楽しめ、闘牛も有名で、伊達家ゆかりの地でもあります。
毎度のことですが、メインディッシュが手つかずでした。次回の一日一新にとっておきます。
3.特急宇和海
宇和島駅発8時半ごろ、JR松山駅着10時すぎ(アバウトですみません)の特急宇和海に乗りました。
自転車も積んで乗れます。
みかん畑や田んぼが多く、のどかな光景がふるさと多気町に似ていてとてもくつろげ、途中からぐっすり。しかも朝から午後ティーです。
途中の八幡浜駅です。
道中、太陽光パネルを沢山見かけました。
JR松山駅に到着しました。
大好きな友近さんのポスターが。
4.いよでん一日乗車券
このJR松山駅から繁華街や道後温泉へ移動するのは乗換が必要です。いよでんの一日乗車券500円を買いました。1回160円、4回乗ったので元が取れました。
使いたい年月日を削るという、合理的なシステムです!削り方に性格が表れていますが、何の支障もなく使えました。
年末年始も12/26~1/14まで、休みなく開館されています!この時期ほんとにありがたいです。
日本の歴史にも疎く、坂の上の雲はおろか司馬遼太郎さんの本も全く読んでいない教養のない私でも興味深く鑑賞できました。
建物は安藤忠雄さんの設計です。建物や設備の撮影はOKでしたのでいろいろ撮りました。カフェは眺めがよく、時間があったら寄りたかったです。
窓からみえる萬翠荘がすてきです。こちらも見学できます。(HP参照)
坂の上の雲ミュージアム内の空中階段です。
途中に支柱がない珍しい構造とのこと。さすが安藤忠雄さん。
上からはこんな感じです。
いままで知らなかったのですが、私の趣味にぴったりのこういう企画があったんですね。
今は第6弾まで展開しています。HPに在庫がある場所の配布情報が載っていました。
いつもうつむきがちに歩いているため、マンホールのふたは否が応でも目に入り、特に最近はカラフルなもが多くて気になっていました。このおかげなんですね。今度からちゃんと撮ります。今回撮り忘れましたが(^^;)
ちなみに宇和島市はこちらで(たまたま撮っていました)
名古屋市はこちらです。
7.満州屋が一番
久留米ラーメンのお店です。これは久留米ラーメンではなくランチのご当地ラーメンと焼き豚玉子飯&餃子セットでした。
 
 ろうけんまんとうと読みます。蒸しパンで、中国のマントウを日本人向けにアレンジしたとのこと。酵母菌も80年以上使い続けておられます。一番人気のうずら豆を頂きました。
食べ歩きするはずが、買ってすぐラーメン屋さんに入ったため持ち帰り、実はチンしてさっき頂いたのですが、美味しかったです!もう一つ買ってくればよかった。
9.白鷺堂 坊っちゃん団子
だんごは別腹です。坊っちゃん団子も一六タルトもいろんなお菓子屋さんが出されていました。食べ比べるのも面白そうです。
10.道後ビール
道後温泉自体は2回目で、前回たぶん飲んでないはずです。昼間からじゃこ天と一緒にビールを頂きました。美味しかったです。
ちっとも片づけが進みませんので、11以降は明日書きます。さきにお菓子は食べてしまいました。美味しかったです。
みなさま、よいお年をお迎えください!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする