数値の変化の理由を把握しておくその2 今回は天然痘の予防接種痕の記事でした

Pocket

文字通りですが、拙いブログを読んでくださってありがとうございます。閲覧者数を意識していたら書けないタイプの内容ですし、そもそも多い方が嬉しいというポジティブな発想が持てませんでした。気が向いたときにアナリティクスを見て急に増えたりなど異常がないかを点検しています。自分でも読みたくない内容なので、少ないのが平常運転で安心します。ありがとうございます。

折れ線グラフが跳ねていて心配する

月曜の夜、こんなことになっていたので驚きました。

(そもそもが少ないので限りなくゼロに近い時間帯があります&目盛りは伏せさせていただきました)

増えると嬉しいよりも私なんかやらかしたんだろうかという恐怖のほうが先に襲ってきます。

この日は道の駅に行ったというのどかな絵日記を書いただけで、

道の駅南えちぜん山海里に行きました

天然痘の予防接種痕についてのブログと判明して安堵(PVに関しては)

とくに炎上するようなのでもないのでなんだろうと思ってどの記事が多かったのかを調べてみたら、こちらでした。

右腕にくっきり残っている天然痘の予防接種の痕について思ったこと

いま欧米でサル痘の症例が報告されていて、天然痘に似た症状ゆえ天然痘のワクチンが効果が高いのでは、というニュースをやっているのできっと夜のニュースでも特集などあったのだと思います。子供の頃読んだジェンナーの本も思い出しつつ(まったく別の本ですが同じような内容です)

くすり偉人伝№5 ジェンナー|製薬協くすり研究所

それで納得がいって安堵し(安堵はPV増に関してだけでサル痘は安心できませんが)、この件はお開きになりました。

改めて感じたこと

念のため、出どころもさがしました。リアルタイム検索を見ましたがそこでは見つけられず、シークレットモードでキーワードを組み合わせて検索したら

2ページ目の下の方に出てきました。

書いたのは2020年の3月で、コロナ禍がスタートした頃でした。今もそう変わってませんが当時とにかく恐くて、いままで公衆衛生のことを何も意識せずに過ごせてきたのはこういう取り組みがあったからだとやっと理解できました。正直この種痘の痕には年がバレるというデメリットしか感じてませんでしたが、守られていたのだと初めて思いました。

それらをほとんど意識することなく生活してこられたのはどれだけ幸せなことなのか。さらにコロナ関連の給付金や自然災害での早期復旧などを通して、こうして国民が安心して暮らせるようなしくみが築かれていたことに、半世紀生きてきてやっと気づくことができました(遅すぎる)。

いまの時期は特にいろんな納税のお知らせが届いて税に対してネガティブな思いも色々とわくのですが、ちゃんと生かされるようにしていかないといけないですし、私のこの資格も国家資格とされている意味合いもやっと自覚できました。

翌日にはPVも落ち着いてホッとしました。また今まで通り、細々と好き勝手に書かせていただきます。

そう言えば少し前にも同じようなことがありました。

数値の変化の理由を把握しておく→急にブログのPVが増えたので心配になりましたが、理由がわかって嬉しくなりました

このときは新幹線の車内販売で買えるオーボンヴュータンの記事で、原因がわかってホッとしました。一時品切れでしたが今だと結構買えるそうなので、また乗る機会があれば買ってみたいです。

【昨日の一日一新】

・バターのいとこラスク

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする