菅原経営さんのSMG経営者塾 ティア冨安社長の言葉その2 仕事に徹する&感性を磨く 私の覚書 

Pocket

先日講演を受けた葬儀会社ティアの冨安社長のお話しで、ほかに心に残ったことを覚書します。

お仕事だけでなくで普段からの行動が素晴らしく、それがお仕事でのおもてなしにつながっているのがよくわかりました。

仕事中は自分の感情・バイオリズム関係なく仕事に徹する

お葬式は、亡くなった方にとっての最初で最後の儀式です。

そのときの自分の感情やバイオリズムは関係ありません。

出社から退社までは、亡くなった方とそのご遺族の方のことを徹底的に考える。

もしご遺族の方がみえなかったとしたら、自分が最後の遺族になって最後のほとけさんをおくる。

最初にこの業界に入られたときに、尊敬する先輩から徹底的にこのことを教わり、お金以外に感謝される報酬があるということを学ばれたとのことです。

つねに感性を磨く

仕事中は仕事に徹する一方で、仕事以外の時は常に感性を磨く、とおっしゃいました。

今はサービス競争の時代であり、常日頃から感性を磨いておく。注意力を持って相手をよく見て、自分が提供するレベルを上げていく。

自ら感性を磨いていないと、よいサービスを提供できない。

時には感性の高いところに行ってみる。自分もお店に行くときは、お客側であっても店員さんが動きやすいようお皿を寄せておく、とか通路側であれこれ世話を焼いて動く。

そこの店員さんに気持ちよく働いてもらいたい。

「この方何やっている方なんだろう(すてき)」と思われることをふだんから外でもやってますか?

終わってからも最高のおもてなしでした

終わってから先に帰るので出口でごあいさつしたとき、ほんとにこの通りに接してくださいました!すごいです。先日も書きましたがもういちど書きます。

こんな素晴らしい内容を私なんぞが一方的に書いちゃっていいんだろうか心配だったので、ダメ元で

私「今日の内容をブログに書いてもいいですか(おそるおそる)」

冨安社長「いいよいいよ!どんどん拡散して!SNS?写真いるんじゃない?撮ろう撮ろう!」

キメのポーズで撮影後

冨安社長「顔にモザイクかけなくていいから、どんどん拡散してネ!」

私の行動を先回りして、ノリノリで写真を撮ってくださったばかりかその後の取り扱いまで教えて下さいました。ほんとその日のお話の通り、

具体的に相手の行動を想像して先に動く

すごい、何をされている方なんだろう!ってなりました。

ずっとニコニコされていて、私も最初は緊張していましたが心がほぐれました。

ふだんの行動の意識もあげておくのが大事ですね。

また小出しに書いていきます。

【昨日の一日一新】

ファミマでライザップどら焼き

次回のSMG経営者塾はライザップの方のお話が聞けるとのことで、予習がてら買ってみました。美味しかったです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする