お湯呑み茶碗作成中

Pocket

昨日の陶芸教室でいろいろ作りました。

私の通う講座は月1回ですので、

1か月目に粘土で成形

→次の月に素焼き(そのまま焼いて植木鉢みたいな状態)してあるため釉薬(=うわぐすり)をかける

→もう一度焼いて(本焼き)翌々月に完成、です。

電動ろくろを使う場合は素焼きの前に高台(茶碗の底の足の部分)を作るので、あと1カ月長くかかります。

これは昨日受け取った完成品です。電動ろくろを使いました(一つもできない私を見かねて終了間際にほぼ先生が作成)。

出来上がりのお皿

果敢にチャレンジしますが、ろくろは下手なままです…。でも月1回のどろんこ遊びは楽しいです。

伊賀焼の釉薬で落ち着いた良い色です。持ち帰って早速使いました!

こちらが、字をいれる前の素焼きの湯呑です。まず3つ作りました(これも先生が)。

素焼き

いよいよ字の書きいれです。見ていただけですが緊張しました。身が引き締まる思いです。

字を書いたあとの素焼き

鉄で書いてあります。そうすると、釉薬をかけた後ちゃんとみえるようです。

字は、真は自分の名前からとりました。

信と楽は好きな字で、仕事をしていくうえで心掛けようと思ってそれぞれ選びました。

が、期せずして信楽になりました。先生、伊賀焼なのに(^^;)

ちなみに伊賀と信楽は山を越えたところにあるので、土も似ています。

素晴らしい字です!魂が入りました。もったいなくて使えません…。

釉薬をかけたあと

釉薬をかけました。

唯一私が全部携わる工程です。小さいのは私がろくろで作った小皿です。自分でもお湯呑みを作りたそうとしたのですが、こんな形になりました(^^;)

濃い色の方が伊賀釉で、白いのは別の釉薬(透明釉)です。

字が完全に消えちゃいましたが、焼くと見えるそうです。初めてなのでちょっとドキドキ。万が一消えていたら、上の写真を見て頭の中で合成します(^^;)

来月出来上がります。まだ全然自分の準備は進んでいませんが、お湯呑みだけはばっちりです。流れに逆らわず、進めていきます。

先生、本当にありがとうございました。

【昨日の一日一新】

先生に器の字を依頼

大須商店街のハラール食材のお店→ブラジルのクッキー、安くて美味しかったです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする