確定申告相談会 2年連続バースデー前日のスライド当番でした


確定申告相談会 2年連続バースデー前日のスライド当番でした。

1年ぶりのフェイスシールド ありがたいことに普段は使うシチュエーションが無くすごしているためついぞこの会場でしか使いませんでしたが、この日もお世話になりました。

2年連続バースデー前日当番

きのうは確定申告相談会の当番 今回はバースデー前日登板でした

以前、誕生日の2/16に当番になった年にブログに書こうとしたら当番が登板と変換されて自分の中で盛り上がりました。それ以降、毎年バースデー登板かどうかを意識しています。

(スライド登板は本来雨で順延してそのまま次の日に登板するという意味で前日のことは言わないと思いますがそもそもが誤変換ですし誤用でいいかと思って使っちゃいました)

当番日は日にち変更が難しいのもあってドキドキするのですが、バースデー登板がかかってるかどうかを意識するようになって、日にちに関してはほんの少しだけ楽しみに変わりました。

そして当番日が決まった日から約2カ月、毎年大緊張して参加してます。

もっとこの日が待ち遠しくなるよう精進します

私は色々とこじらせていて対人スキルが欠落しているのもあって確定申告相談会がとても苦手です。それでも少しずつ慣れていってもいいはずなのに、緊張の度合いは年々増していってます。耐性獲得ではなく回避しようと思ってるから治らないんでしょう…。

実際参加すると、やはり普段と違う環境ゆえ想像以上に緊張しまくりで大変でした。

ただ、ここでは対応していてわからない箇所があれば会場の税務署員の方にすぐ確認して判断できるのがとてもありがたいです。

終わった後は反省点は多々あるものの、得るものが多くて参加できてよかったと毎回心の底から思います。大きな会場で、会場スタッフの方が大勢いらして活気があり、そういう勢いに触れられたのもよかったです。

緊張感は事前にもっと対策をとることで耐性がつけられるはずです。せっかく国から授かった資格なのにまだ社会のために還元・貢献しきれておらず、こういう場においてほんの少しでもお役に立てればと思います。

もしかしてもうそろそろ年齢的に卒業かもしれないですが、事前に頭と足腰を鍛えて、なんならこの日が楽しみになるぐらいに来年からばっちり整えて臨みます。(終わった直後限定の安堵の中での無責任な妄想)

来年の覚書 歯科健診と住宅ローン控除について

最後に来年の覚書として、

その1 もしできれば来年も帰りに歯科健診の予約を入れようと思います。

この日はずっと立ちっぱなしで、終わった瞬間足腰が固まってるのを自覚してどっと全身の疲れが出ました。日頃の運動不足を情けなく思いながら歯科健診に向かいました。

ただ、いつもは憂鬱な健診がこの日ばかりは相談会よりもずっとリラックスでき、まだ診療台のリクライニングがちょうどいい休憩になったようで、終わったら全身の疲れがすっかりとれました。

相談会も4時頃終わるのでその足で行けば時間も有効に使えます。しかも普段より歯科治療の緊張感が薄れて、とってもwin-winなスケジュールでした。もし来年もタイミングが合えば相談会の日に歯医者さんの予約をしようと思います。

その2 住宅ローン控除は初年度に控除額がでなくても一式出しておこうと思います。

先日受けた柴原一先生のセミナーと今回の対応を通して自分の中で結論を出しました。初年度の合計所得金額が限度額をオーバーしていたり、または初年度が所得ゼロ(共有で育休中など)の場合などが考えられます。

控除が受けられる状態になってから出してもどちらでも対応してくれるようですが、初年度の方が記憶も新しいし書類も揃っています。

念のためいざ申告するときは事前に所轄税務署には確認しますが、翌年から年末調整用の住宅ローン控除等申告書も届くとのことで、最初に出しておいた方が手間もかからなくていいかと思いました。

 

 

 

【昨日の一日一新】

・GoogleOneの課金増額 もうこれ以上は無理なのでこんど写真を整理します。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した名古屋在住の女性税理士&唎酒師です。今のところお仕事以外のことをメインに書いています。