退職から今日で4年経ちます

Pocket

4年前の2016年の8月31日に退職しました。明日は独立記念日について書きます。昨日はブログ1700記事とかキリのいい数字で、ここ数日すごく助かってます。

このように退職も独立ももうすっかり毎日ブログネタのひとつに定着していますが(調べてませんが書きわすれた年もあると思います)、この日を迎えるまでは長年想像すらつきませんでした。

いや、独立する気も転職する気もなくただただ漫然と仕事をしていただけで、いつかは出ていかないといけないとは思っていたものの、ちょっと想像しても、まず登録の仕方がよくわからないし会費も自腹だからお金がもったいない…とそこで思考停止して、今じゃないかもな…と先延ばしにしていました。還暦を過ぎた先生が心を鬼にして登録をせかしてくださったおかげで、合格から約20年後の2015年秋に渋々登録、そして翌年に8月末までね、と退職日を指定され、担当していたお客様と一緒にのれん分けのような形で退職&独立しました。

長年遠ざけていた退職後の人生。まったく未知の世界でどんな恐ろしく過激な変化が起こるのかと、最悪な想像しかできなくて、嫌で嫌で心配しかなかったのですが、こんなにレールを敷いてもらってそんなことなるわけがないですよね!

退職日を言われたのが7月下旬で、あとは8月末までにいろんな手続きや買い物を1日1つぐらい休憩時間や会社帰りにやっていたら、特別な労力を払うことなく楽々と終わりました。厳密には定期券が残っていた9月5日ぐらいまで資料を持ち帰ったりと残務整理を少しやりましたが、荷物の発送&受け取り、備品購入、各種サービス申し込みなど主に私が担当だった経理のおばちゃん業務の延長だったのでおおむね楽勝でした。

一番大変だったのが送別会です。たぶん私が主役だと思ってたのですが、なぜか私だけ日にちを知らされておらず、また普段は図々しいのになんか聞くのも厚かましくて自分から言い出せず、やっぱり私って嫌われてたのかな、でも20年以上頑張ってきたんだけどな…などと寂しい思いをしておりました。退職日の数日前におそるおそる聞いてみると、「え?言ってなかったっけ?8/30に○○だよ」と言われました。どうしても外せない用事があった日で、その日以外だったらよかったのに何でよりによってこの日に…と内心思いながらも、嫌われてたのじゃなくてよかったと安心し(ほんとにこの時点では嫌がらせで追い出されたと半分思っていました)、何とか予定をずらして無事参加できました。

独立後に大事務所を構えるなら全然違いますが、ひとりでこじんまりと独立する場合、外から見える作業だけなら、ほんとに1つ1つは日常の作業とかわりません。あとはロッカーの片づけがちょっと大変でした。それよりももっと理想を描いて独立精神を養っておいた方がよかったです。

私みたいな気持ちで独立する人はきっと少数派で、世の中にこういうサンプルも少ないと思うので、毎回似たような内容で恐縮ですが、これからもこの時期に投下させていただきます。明日の内容も大方かぶりそうでちょっと心配ですが、明日は明日の風が吹くの精神で今日も過ごします。

【昨日の一日一新】

・大はら木 鈴鹿の和菓子、おいしかったです。

・フォレスター

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする