DEAN & DELUCA カフェ 星ヶ丘三越に行きました


少し前ですが、DEAN & DELUCADEAN & DELUCAカフェ星ヶ丘三越に行きました。

年末年始で読みそびれた図書館の本を、返却寸前に少しでも読もうと、ちょうど立ち寄った星が丘でカフェを探していました。

駅直結の三越に行き、少し前にオープンしたロイヤルホストに行こうとレストラン街にまず向かいました。

申し遅れましたがこのとき休日の12時ごろで、当たり前ですがどのお店も長蛇の列で断念しました。今思うと並んでるときに読書が捗ったかもしれないので次は並んでみます。とりあえず下におりて探そうと思ったら、

出てすぐのDEAN & DELUCAのカフェが空いていて、そう言えばまだカフェには行ってなかったと思って入りました。

ふらっと寄るにしてはいいお値段過ぎるのですが、経験上こういう時こそ何も考えず勢いで入るのが一番いいです。フットワークは軽く、でも心の中ではせっかく行くからには絶対に本を読み切ると気合いを入れて行きました。(そんなガッチガチで入るとこじゃないのにすみません)

この看板のプレートのお料理もおいしそうでしたが、今回は読書優先で本を汚さず素早く食べられるようサンドイッチをチョイスしました。

私が座ったこの窓際の席、ちょっと見えにくいですが窓の下に電源があります。いつも出先で電源のある場所を探しており、思いがけず開拓できてこれだけでも来たかいがありました。(元を取ろうと必死の努力)

この時読んだ吉田拓郎さんの本(気ままな絵日記)、おもしろかったです。私と同じ1972年発売の本で、絶版なのでまた時々借りようかと思います。

読み耽っていたらコーヒーがなくなったので紅茶をおかわりして1時間半ほど過ごしました。

これまでにもアースカフェ喫茶ほで同様に過ごして読書がとても捗りました。返却寸前というシチュエーションが読書に没頭できるので、また返却寸前の時間を利用してカフェめぐりを楽しもうと思います。貸出しも返却も市の図書館ならどこでも自由なので、あえて遠くまで足を運んだりすればプレッシャーでさらに集中力も高まると思います。

そもそも期限に余裕をもって読み終えるに越したことはないのですが、過去に何週間も順番待ちしてやっと借りた本でも1ページも読まず積読のまま返すことが結構ありました。

なのでこうして身銭を切って積読を解消していきます。もう一層のこと本を買った方がよい気もしますが、今回の本みたいに絶版の場合もありますので(言い訳)たまにはこうして楽しもうと思います。

 

【昨日の一日一新】

・則武ごぼう

・ビャンビャン麺のカップ麺

Follow me!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した名古屋在住の女性税理士&唎酒師です。今のところお仕事以外のことをメインに書いています。