年末調整について感じたこと2019

Pocket

年末調整を25年ぐらいさせていただいております。

大抵の失敗は経験したつもりでしたが、先日携わったとある給与計算システムで、初めて遭遇する標準設定がありました。大した内容ではないですが、そろそろ仕事ネタも書かねばと思い記念に覚書します。

キャリアは25年だがずっと同じパターンの年末調整業務でした

25年といっても、ずっと同じ税理士事務所からのれん分けで同じシステムでの引き続きでしたので、ほぼ同じお客様の年末調整です。税制改正は追えても(追えてたのか??)、内容は同じだったので、さほどバラエティーに富んではいませんでした(ので助かりました)。

給与計算は、社内でされているところも私が計算しているところも色々でしたが、多くても30人ぐらいでしたのでそこまで煩雑ではなかったです。手計算でも市販のソフトでも、出来上がった表の見た目は色々でも実体は同じなので、当たり前ですがデータや表を見れば大抵のつくりはわかります。

年末調整を翌年還付する際自動的に1/2ずつされる設定

今回びっくりしたのは、とある給与計算システムの初期設定が、年末調整還付額を翌年1月の給与支払時に一緒に還付する場合、1月と2月で1/2ずつ還付するようになっておりました。1月で全額還付する場合は、設定変更が必要になります。

サポートに聞いたら手順も教えてもらえましたし、FAQにも載っていて、一括でできて簡単な操作ですみそうです。ただ、詳しく調べてないのですが標準設定らしく、年次繰越したらその都度毎回変更しないとだめみたいです。

このソフトはそれまで使っていたシステムの上位互換タイプのもので、私の給与計算ソフトとも機能は近いのですがもっと優秀です。大人数かつ日給・週給・月給が混在してもスムーズにできるとのこと。私も25年やっているとはいえ、少人数かつ税理士事務所目線での給与ソフトしか見てきませんでしたので、企業側で完結する大人数向けの給与ソフトのことはあまりわかりませんでした。

でも1/2ずつ還付する仕様というのは本当に初耳で、想像もしてなかったので戸惑いました。(厳密には昨年からでしたが、今回はサポートに仕様を聞いて標準設定と知った次第です)

勉強になりました 先入観を持ってはいけない

日頃から年末調整について勉強したり、検索していてもリアルな還付方法まで言及しているのはあまりなかったので単に私が知らなかっただけだと思います。先入観は絶対に持ってはいけない、と改めて痛感しました。

ただ、私の元上司も今まで一度もないと言っておりました。他の方にはまだ聞いてないのですが、よく使われる機能なのでしょうか。

確かに、一度に還付するには企業側で負担が大きいため2回にわけるという事情はあると思います。(本当は“預り金”なのですが消費税と以下同分なのでここでは省略します)なので機能は付いてていいのですが、標準設定が1/2ずつの方なのはどうにかならないかと個人的には思います。多分知らない人の方が多いのでは。

問い合わせも結構あるようなので、とり急ぎ、あのシステムの標準設定を変更してほしいので改善要望を出しておきます。ただ、色んなパターンの設定があることをもっと心得ておかねばと思いました。

年末調整は廃止してほしい!

余談ですが、税理士事務所で年末調整業務に携わってイメージと違っていたことは他にもあります。

・実際は“年始調整”もかなりある(こっちの方が多い場合も)

・還付されない人もいる

今回思ったのは、まだまだ知らないことがいっぱいある、ということもそうですが

(やはりこういう面倒なことになるので)年末調整は廃止してほしい!

この制度のせいで会社にも個人にもお互い余計な手間かかってます。聞きにくい扶養控除のこととかもそうです。何より問題なのは、ひとりひとりが自分の申告に関心を持たなくなります。もう少しネット環境が揃えば全員確定申告できるので(まだちょっとハードル高いかと思います)、そのタイミングで原則確定申告にしてほしいです。

【昨日の一日一新】

・どらっぽ

両口屋是清さんのどら焼き屋さん ふわどらんで買いました。

千なりより小ぶりでやわらかいとのこと。

比べました。写真が左右逆ですが、どらっぽは洋風でやわらかく、千なりはしっとりして濃厚で、どちらも美味しかったです。

・田記 また書きます。

・ブックカバー

お気に入りの本に合うサイズのカバーがなくて探してたところ、折り曲げてサイズ調整可能なものを楽天で見つけました。かなり曲げました。違う本でも合わせてみます。

ちなみに下のネクタイみたいな布は、バーゲンで買ったスカートです。思ったよりテカテカ&パリパリの生地で、毎回ネクタイを履いてる気分です。着こなしが難しく、スーツに合わせた方が良さそうです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする