大観音寺の境内にあるルーブル彫刻美術館にも行きました 実はルーブル美術館と姉妹館です

Pocket

大観音寺で時間をかけすぎて駆け足になってしまったのですが、隣のルーブル彫刻美術館にも行きました。

外観写真がなくて残念ですが、大観音像に負けない巨大ミロのヴィーナス像など数点あります。公式サイトの写真をご参照ください。

こちらもB級スポットかと思いきや、正式にルーブル美術館の姉妹館で、中の作品も門外不出のルーブル美術館の作品から直接型をとって作られているそうです。しかも写真撮影自由です!(チケットには撮影禁止と書いてありますが、OKです もちろん自撮りも)

入ってすぐ、ツタンカーメンがお出迎えしてくださいます。

こちらはカイロ博物館のだそうで、ルーブル所蔵に限らず、色んな作品が見られます。右後ろが、サモトラケのニケだそうです。

私は美術作品に疎いうえ、あまりの所蔵点数の多さに圧倒され&時間がなかったので色々見逃しました…。あとでこのリーフレットを見て、記憶にあるのが3つぐらい。ロダンも見てません…。

撮ったものだけでもご紹介します。

ミロのヴィーナスです。

昨日、NHKのミニ番組でもたまたまルーブル彫刻美術館が紹介されていました。原型からかたどっただけあって、石膏のかたまりのとこなども忠実に再現されているそうです。

ハンムラビ法典碑です。

お恥ずかしいことに、撮ったとき何かわかりませんでした。昨日のNHKの番組で知った次第です。目には目を歯には歯をの刑に処されたらどうしよう…。

自由の女神像の原型です。

阿修羅像です。

こちらはツタンカーメンの後ろにある十一面千手千眼観音像です。

西洋の彫刻以外にも、仏像も多いです。とにかく所蔵点数が多かったです。

説明を読み忘れましたが、お釈迦様と観音様だと思います(違ってたらすみません)

ほかにもたくさんありました。インドの神様から日本の仏像、フィギュアや胸像など。

美大生っぽい4人組の方が熱心に見ておられました。生で観られて勉強になるので、学生のうちにいくといいかも。もちろん大人が行っても楽しいです。比較的すいてるので、好きなだけ鑑賞できます。

わずか10分の滞在でしたが、もうルーブル美術館の域を越えてあらゆる作品を堪能できました。送迎&解説までしてくれた友人に感謝です。

また榊原温泉とセットで、ゆっくり行きたいです。

【昨日の一日一新】

ポルトガルのマリービスケット

美味しかったです。前に、こちらは食べたことがありました。

昨日の午後は税理士会の支部会でした。

廊下で缶コーヒーが転がってきたので拾ったら(この時期なのに)熱々でした。

見ると、ちょっと困った顔をして「間違えてホットを3つも買っちゃった(^^;)どうしよう」と、大先生とおぼしき方がハンカチにあと2つくるんで持ってみえました。

こんなこと言うのは失礼なのですが…めちゃくちゃかわいかったです♪

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする