勤務時代の唯一の後輩が言ってくれた言葉に感動 過去の苦い経験もポジティブな言葉で上書きできました

Pocket

私は勤務時代の22年間、そこでの勤務歴は長かったもののほとんどの期間は自分が1番年下でした。たしか2年目のときに年下の方が入ってきて、数年間一緒でしたがそれ以外は1番若かったです。

長年、1番年下の自分が威張り散らしていて、すさんでいた時期も長く、顔向けできない方もちらほらいらっしゃり、いまになって反省しています…。まあ先生が一番迷惑をかけて、いまだに連絡をとるのでかけ続けていますが(^^;)

でもありがたいことに、半分以上の方といまもお付き合いがあります。

中でも唯一の私より年下だったAさんは、入った当時から私よりしっかり者でした。たしか5歳ぐらい離れてたと思いますが、簿記もわかっていて物覚えもいいし、気が利くし、周りもみえてるしすごいなと思いました。私と真逆です。

官報合格した日、どこかからFAXで転送してもらった官報で一緒に名前を見つけて喜んだこと、今も懐かしく思い出します。合格祝いにビートルズの赤盤のCDをもらいました。(くしくも今日は合格発表の日です)

できたばかりの事務所で上下関係も組織文化もなく、まだ私自身が仕事のこと何もわかってないのに、そんな私が唯一の先輩で申し訳ない…とずっと思っていました。それに当時は試験と仕事でヘトヘトで心の余裕もなく、楽しい会話とかしてたとは思いますがあまり記憶はありません。あの頃綾野さん、青白かったですね!とあとで言われました(^^;)

彼女がやめるとなったとき、やっぱり自分がいけなかったんだ…とか、何が悪かったのかな…とか色々悩みましたが、でもこれでちゃんとした会社でいい経験を積んでいけるからよかったと、反面で肩の荷も降りました。

あとでなぜ辞めたかを聞き、やはり出て外の世界も知らなれば、と思ったからと知りました。

(私のろくでなさが直接の引き金とかでなく、当たり前ですがもっと高尚な動機だったのでホッとしつつも)こんな私でごめんなさい、とか事務所から出なかった私って一体…とか後ろ向きにとらえてしまっていました。

でも独立してから、蓋をしていた自分の半生と(ブログや共著のおかげで)向き合うことになり、後ろ向きな過去を(強引にですが)ポジティブに上書きすることになんとか成功?しました。

そんな彼女と昨日LINEをしていて、話の流れでですがなんと「綾野さんが尊敬できる数少ない人だった」とトークで書いてくださり、感涙。うわべで物を言わない彼女ですが、これはさすがに言い過ぎかも。でももちろんバックアップ&スクショをとりました。

昔からしっかりしていましたが、自分で人生の舵を取り、その後も良い方々と出会われ、こういう気持ちをすっと伝えられるような素敵な女性になられて素晴らしいなと思いました。私とずっと一緒だったらひねくれてたかも(^^;)

直接の付き合いは数年でしたが、いまもこうやっておつきあいできること、とても感謝しています。共通の経験があり、その後の違う経験があるので話していてとても面白いし、私のことも客観的に見てくれてほんと頼りになります。あのときの経験の解釈も上書きしました。いつか雇ってください。

【昨日の一日一新】

・すてきなトート 鎌倉の税理士ブログ仲間の小柳さんから頂きました!さっそく今日持って行こうと思います。

トートとの記念写真、ひふみ税理士さんが撮ってくださいました。名言です。こっちをブログタイトルにしようかしら。

・クリニカ デンタルフロス フロス難しい…。

・新しいパソコンの一番最初の設定 やっと電源を入れて少しだけ設定しました。あと少しかかります。

きのう書いたPayPayの100億キャッシュバックがもう終わってしまいました。こういうシステムには腰の重い私でさえ使ってしまうほど、インパクトがあったキャンペーンでした。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする