Androidスマホの内部ストレージ“その他”を消去しました 正体もわかりました 私の覚書

Pocket

Androidのスマートフォン XPERIA z5 Compactを使いはじめて1年半です。ゴールデンウイークぐらいから動きがめちゃくちゃ遅くなりました。

スクリーンショットを撮り忘れましたが、使用容量は、実は90%を超えていました。

SDカードに保存する設定にはしてありましたし、DropboxやGoogleフォトなどのクラウドストレージも使っていました。画像や動画も本体の内部ストレージに保存していたものは少しずつ消しました。

が、色を見てわかるように、“その他”だけがすごく多いのです。これを何とかしなければと思ったのですが、その他の正体がわかりません。毎日少しずつ増えているようです。

ここ最近、一つ一つの操作をするのに重すぎて、どのアプリも口をそろえて

“反応していません 終了しますか?待機?”と言って動かなくなり、いよいよ何とかせねばと重たいお尻をあげました。

『スマホ 容量 その他 重い』などざっくりと検索ワードに入れて検索して、ついに“その他“の正体がわかりました。

Android空き容量のその他って一体なに!?削除方法は?(Android辞典)

Android辞典さん、ありがとうございます!他にも有用な情報がいっぱい。これから参考にします。

わかりやすかったので、このAndroid辞典からの引用させていただきます。“その他”とは

画像・音楽・動画・メール・アプリ以外の
データで、端末が区別出来ない状態のものが
空き容量の中の「その他」に当たります。

自作アプリ自分で作成したフォルダなども
その他に分類されてしまうことが多いので、
よく分からない「その他」だからといって
全部必要ない!削除してしまっても良い!
というわけではありません

とありました。

端末が区別できない状態なので、安易に消してはいけないデータも混じってそうですが、私がみて明らかに要らないものがあれば消そうと思い、中身を確認することにしました。

私のスマホだと、設定→ストレージ

ストレージを開くとこんな感じです。もうこれはだいぶ消した後の画面です。ピーク時は30GB以上使用中でした。

内部ストレージを開きました。後からスクリーンショットを撮ったので、GBは増減してますが気にしないでください。

“音声“、の下にあるのが“その他”です。

この段階で、音声や動画は削除済みでした。キャッシュデータも消しました。全部、各項目を開くと削除する画面にたどり着きます。

“その他“を開くとこういう風になります。

“アプリが保存した共有ファイル、インターネットやBluetooth経由でダウンロードしたファイル、Androidファイルなどが含まれます“、とのことです。

このあと“ファイルビューアー”を開きます。私はヤフーファイルマネージャーを入れてあったので、これが開きました。

こんな感じで、色んなファイルが並びます。

順番に開いていって、よくわからないものは取っておいて、絶対要らなさそうなものを消していきました。

ただし絶対に自己責任です。私の低いIT能力で判別したのでハラハラしましたが、今のところ大丈夫でした。

日付とファイル名で何となく中身がわかります。

また、ファイルがマトリョーシカのように入れ子状になっていても最終的に空のものも多かったです。色々開いている間に一時的に作られたものが貯まっていくのでしょうか。

こうやって消しながらも、同時に作られていくファイルもあります。いたちごっこですが、今の操作って大したことしてないし、と、どんどん消していきました。

やっとこんな感じになりました。もっと減らしたいですが、とりあえず動きはよくなったので一旦ここまでにします。

溜めるつもりはなくても知らないうちに溜まっていくみたいなので、時々見て消していこうと思います。

ただ、間違えて大事なのを消さないかちょっとこわいです(^^;)これは消しても大丈夫、とか自動判定してくれるといいのですが。

【昨日の一日一新】

内部ストレージのその他を消去

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする