長良川鉄道の終点の北濃駅に寄りました 

Pocket

長良川鉄道の終着駅、北濃駅に寄りました。

電車ではなく車で、しかも私自身は何の予備知識もなく少し休憩するつもりで寄ったのですが、そんな少し立ち寄るだけでは申し訳ない色々なエピソードのある駅でした。ブログを書こうとして調べて後から知ったので景色のいいところだけしか写真を撮っておらず、もっと駅舎とかもしっかり見るんだったとちょっぴり後悔しています。が、いつものことです。

長良川鉄道は、美濃加茂市にある美濃太田駅から北濃駅までの区間です。もともと国鉄で、福井までつながる予定でしたが不採算路線のため実現せず北濃駅どまりになり、今は第三セクターの長良川鉄道として運営されています。

美濃太田から美濃市駅ぐらいまでは1時間に1本ありますが、その先は少しずつ本数が減り、北濃駅を発着するのは1日9本ぐらいでした。もう少ししたらちょうど列車がやってくるとこでしたが見られず残念。でも以前、観光列車ながらに乗ったときは、途中の郡上八幡まで行きました。眺めもよくとてもきれいで、北濃駅はその先45分ほどかかります。また改めて乗ってみたいです。

こちら、その時乗った“観光列車ながら”の車内です。水戸岡鋭治さんデザインのすてきな車両でした。通常の車両も外観は赤いです。

駅の構内に転車台がありました。登録有形文化財で、(幻の)旧国鉄越美南線の設備でした。

もともと岐阜駅で使われていたものが北濃駅に移設され、長良川鉄道のものになってからもレールバス用に使われていたそうです。

ホームからの眺めです。

ちょうど同じ日に行かれた方の投稿を見つけましたので勝手ながら埋め込ませていただきました。ほんとに線路が途中までなんですね。

私もここら辺までは撮りました。

駅舎の一部です。なんだろうと思ってこれだけ撮りました。

駅の向かい側も山に囲まれてとてものどかでした。

せめてその場でもう少し調べた方がもっと深く知ることができてよかったのにとあとで反省しました(^^;でも2年前に長良川鉄道に乗ったときの記憶とつながってよかったです。

連休だけでなく週末もちょこちょこ出かけます。行き先は決めてなくてもとりあえず出ることが多いですが、こうして以前行ったところのその先につながったりすると、ちょっと嬉しいです。

また、ちょうど1年前にマツコの知らない世界でも終着駅特集のときに紹介されていました。リアルタイムで見ておきたかった…。

マツコも食いついた!日本有数の終着駅「北濃駅」の魅力

北濃駅以外に、分水嶺と

ひるがの高原でチーズケーキやヨーグルトなども買っておいしくいただきました。

天気も良く新緑もきれいで、とてもリフレッシュできました。

【昨日の一日一新】

・北濃駅

・ひるがの高原 チーズケーキ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする