電話サポートは受ける人の心がけが大事と痛感しました

Pocket

ここ1カ月ぐらいでいろんな電話サポートを利用しました。

電源が入らなくなったApple Watch、Applewatchで使っているモバイルSuica、電波が入らなくなったモバイルWi-Fiルーター、ソフトのダウンロードを拒絶するノートン、そのた他色々です。

今思うとどれも大したことではなくて、そんな慌てふためかなくてもよかったのですが、そのときはすがる思いでした。遠隔操作、画面共有、対面などを経て無事解決しました。

私自身も相談事を受ける立場ですが、なかなかこのように上手に対処することができないので、サポートのありがたみを噛み締めつつ次に生かします。とりあえず覚書します。

・Apple Watch→電源が入らない→予約電話サポートにて店頭での修理→ケースを取って掃除して電源を入れたら無事立ち上がる

・モバイルSuica→一Apple Watchの故障(?)に伴って一度解除してから再度ダウンロード

・モバイルWi-Fiルーター→検索して初期化すればいいとわかったが、パソコンの初期化を想像してできず→電話サポートにてそれとはわけが違うと知れて手順を教わり初期化→直る

・ノートン→電話と遠隔操作にてソフトをダウンロードする瞬間だけ部分的に設定変更してもらう(検索して手順は確認してあったが自力ではきっと無理だった)

ApplewatchとモバイルWi-Fiルーターは聞くまでもない内容でお恥ずかしい…。

しかも知識がないゆえ、現象としては大したことなくても本人としては切羽詰まっているため、自分はこんなことしないと思ってても時々焦って強い口調になりがちです。最悪です。と心の奥底で懺悔しながら支持を仰いでいます。サポートの皆さま、本当にありがとうございました。

先日お客様のところでリース機のメンテナンスの現場にたまたま居合わせたのですが、とても上手なやりとりに感心しました。

バージョンアップするか買い替えるかなど色々ありましたが、要点をとらえていまの環境に合った判断をされていました。

続いて別件でとある電話サポートにも問い合わせられてましたが、こうも違うのですね。過去の私に聞かせたいようなスムーズなやりとりで、みるみる解決していきました。

とりあえず一旦落ち着いて、そして具体的に要点整理がうまく出来ていくとよいのかと思います。

私自身も利用する側と受ける側両面で生かします。

ひとりでやっているためピンチの時は何かと電話サポートを頼りにしてます。受ける側でも自分が疲弊しないようにしつつも適切な対応が取れるよう心がけます。

何だかよくわからない内容になってしまいました。利用する人のマナーによると思った次第です。

アイキャッチ画像はセブン限定のスタバ缶コーヒーです。先日当たって引き換えました。

【昨日の一日一新】

・ジャンカラ 初めて利用する部屋(歌わずにテレワーク)

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする