平成28年1月からの源泉徴収税額表

Pocket

所得税率は変わっていないのですが、給与所等控除の額が改正されたので(ざっくりですが月収約111万以上の方の)源泉徴収税額表も平成28年より変更されました。

該当する方は少ないのかもしれませんが(私も無関係です!)、いったいどこから変わってるのかをこれを機に見比べました。今までやったことなかったです。覚書として書きます。

月額表は

甲欄の方は給与等の金額(社会保険料控除後)がP7の1,001,000円以上から、

乙欄の方は同じく給与等の金額(社会保険料控除後)がP3の404,000円以上から、

賞与は税率20.42%の欄から(前月の給与等の金額から所得税率が決まるため)でした。

この場合の給与等の金額は社会保険料控除後なので、差し引く前の月収に当てはめると

大体月収約111万ぐらいでした。

アナログでアバウトですが、協会けんぽの愛知県の社会保険料率(介護保険対象者で本人負担14.689%)を参考に逆算しています。

1,001,000円÷(100%-14.689%)=1,173,353円

標準報酬でいうと46等級(1,115,000円以上1,175,000円未満)以上の方から変わってくると思います。

参考までに税額表を抜粋します。

平成28年分給与所得の源泉徴収税額表(月額表)(1~8ページ)

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2015/data/01-08.pdf

賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表(17~18ページ)

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2015/data/17-18.pdf

発表からいざ計算するときまでにタイムラグがあるため、つい忘れてしまいます。今月の給料支払いからです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする