各務原市の“冬ソナストリート”に行きました イチョウ並木がきれいです

Pocket

連休最終日は、各務原市の学びの森にあるイチョウ並木を観に行きました。

学びの森の中にあるイチョウ並木道、ここは“冬ソナストリート”と呼ばれています。

マフラー&メガネの人はあまりいませんでしたが、あのドラマの雰囲気がただよっています。

各務原市はあの有名な韓国ドラマ『冬のソナタ』のロケ地の春川市と姉妹都市提携をして、その一周年記念にドラマのロケ地の並木道を再現した“冬ソナストリート“を作られました。

ドラマが終了してだいぶ経ちますが、交通の便もよくて、出来たときから人気のスポットです。私もイチョウの季節以外にも何度か行っています。ただし、冬ソナは一切観ておりません(^^;)今年はまだちょっと早かったですが、それでも綺麗でした。

学びの森は、岐阜大学の跡地にできた公園で、図書館もあり、名古屋からもそれほど遠くないのでたまに行きます。逆光で見づらくてすみません。

写真を撮り忘れましたが敷地内におしゃれなカフェもあり、にぎわっておりました。

交通の便もよく、名鉄各務原線の各務原市役所前駅と市民公園前駅(駅の間も短い)からすぐです。広い駐車場もあり、最初の3時間は無料です。

この踏切はなんと公園内を横切っています。少し先に並行してJRの踏切もあります。電車に乗ったときに車窓からも公園を確認しましたが、乗っていると意外と気づかないです。

さて、イチョウ並木にもどります。

並木道はほどよい距離で(数百メートル?)、アップダウンもなく、運動不足の私が往復しても疲れません。

まだ青い葉っぱも沢山ありました。

写真撮るのが難しいです。ポートレートモード泣かせ。桜より難しいです。

来週だともっと黄金色に染まり、葉っぱも落ちてさらにきれいだと思います。こちらにもっときれいな画像がたくさんありました。

意外と穴場なので、おすすめです。冬ソナにはまっていた方も、観てなかった方もぜひ!

【昨日の一日一新】

・車のナンバーでアルファベット入りのものを見かける

2018年になってから導入されていますが、分類番号(地域の次の3ケタ)にアルファベットの入ったナンバーの車を初めて見ました。人気が集中するナンバーは平仮名を使い切ったので、アルファベットのものが出てきているようです。

・ザめしや 肉吸い鍋

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする