Facebookの友人にポールのファンを沢山発見!ポールのライブを通して感じたSNSのメリット


ポール・マッカートニーのライブに行ったのは今回で6回目でしたが、今回初めてSNSの良さを感じました。

(たしかThe Endを演奏し終わった直後ぐらいのポール)

昔一緒にビートルズを聴いていた友人たちはみな遠方に行ってしまいました。いまも若干名いらっしゃいますが、主にひとりで楽しんでいます。ファン同士のコミュニティーやイベントにも参加していません、ポールやビートルズの公式Facebook、Twitter、Instagam、LINE等はフォローしていて、メンバーとだけつながっている寂しい私です。ライブも基本ひとりで行きます。

ひとり税理士になる前からで、そこまでファンじゃない方に無理やりお誘いするのも悪いかと思い、かつて2枚取ったとき誰も誘えず最終的に母と行って以来、大抵ひとりで行っております。

気楽でいいのですが、終わってから良かったねーと余韻に浸り合えないのがちょっと寂しいです。

ところが今回は違いました。

Facebookの友人(すでに知っていた方を除く 以下同じ)で、ポールのライブに行かれた方が、分かっているだけで4名いらっしゃいました!(4以上は『沢山』と数えております)

4名ともビートルズ無関係の、それぞれ違う集まりで知り合った方々です。そのときは音楽のつっこんだ会話まですることもなかったため、お互いファンだとは今まで知りませんでした。

ライブ前後に投稿をみつけ、こんなに沢山いらっしゃる!と、今までぼっちだった私はとても嬉しかったです。しかも皆さん私より詳しそうな方ばかり。

そのうちお一人の方はライブ前に投稿を見つけ、メッセでお聞きすると、あの広い会場でなんと隣のブロック。お姿を見つけて嬉しくなり、手を振りました。

次回皆さんとお会いするときには、ポールのライブやビートルズ等の話で盛り上がりたいです。

(Something演奏時の映像 ジョージ&ポール)

今回、名古屋開催だったのもよかったです。東京や大阪だけだとここまでわからなかったかもしれません。(あ、実は前回も似たようなことがありました そのときはあとでセミナーに行きました)

私が初めてインスタに投稿したのが、前回の2017年4月のポールのライブでした。そんなに投稿もしてませんが、徐々に友達も増えて私自身も慣れてきたのも良かったです。

 

先日の井ノ上さんのインターネット超入門セミナーでも

“仕事の入口は色々あっていい(仕事に直接関係なくてもOK)そこから仕事につながる流れをつくる“

とお聞きし、それから私の“入口“って何だろうと考えていました。ビートルズは私の大切な入口のひとつです(仕事とは直接関係ない方の)。

実際、一気に心の距離が縮まりました(私のほうだけかもしれませんが笑)。もっとアンテナをはっていろんな入口を広げておこうと思います。あ、でも仕事と直接関係ない方の入口ばかりで仕事の入口が目立ちません。今後の課題です(^^;)

 

【昨日の一日一新】

・楽天 初めて利用するお店でお買い物

Follow me!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した名古屋在住の女性税理士&唎酒師です。今のところお仕事以外のことをメインに書いています。