美味しいお料理には素晴らしいサービスがもれなくついている 炭火焼き鳥大銀杏さんに行きました

Pocket

ずっと行ってみたかった、炭火焼き鳥 大銀杏さんに行きました。

お茶のお稽古帰りに前を通るたび、いつも気になっていた焼き鳥屋さんです。

毎回、“本日は予約で満席です”の貼り紙がありますが、行って納得しました。

大銀杏外観

味だけでなくサービスがまた素晴らしかったので、覚書したいと思います。

注文はiPadから

大銀杏メニュー

注文するときに限って店員さんが遠くに行ってしまっていたり、忙しそうでおっかない感じの大将(そんなことはないのですが)に声をかけるのも緊張するため小心者の私は注文しづらいです。

ここはもちろん店員さんにも注文できますが、メインはタッチパネルです。いつでも確実に注文できてありがたいです。注文確認や割り勘もできて便利です。(注 お店の方は皆感じが良く、声はかけやすいです!)

回転ずしや焼肉食べ放題のチェーン店など、比較的大きいお店ではタッチパネルもありましたが、小さくておしゃれなお店でも雰囲気を損ねず、注文がスムーズにできるようになるので良いなと思いました。

iPadは先月からのようです。こんな記事を見つけました!REGICOというシステムです。客側からも使いやすかったです。

おしゃれでおいしい

見たらわかると思いますが、おしゃれでした。鶏も愛知県産錦爽どり、塩は自家製と材料にもこだわってみえます。

ラムの柚子胡椒焼きです。つくねや皮などの定番物のほか、こういうフレンチ風のメニューもあります。

子羊

うずらのたまごです。半熟でおいしかったです。

大銀杏うずらのたまご

ここにこだわりが紹介されています。

大銀杏のこだわり

ワインも1本3千円前後のものが多く、簡単な説明もついており、詳しくなくても気軽に注文できそうです。

ワイン

今回日本酒は飲みませんでしたが、愛知の“”“醸し人九平次”、岐阜の“禮泉”など良い地酒もあります。

日本酒

お店の方の気配りと情報共有が行き届いている

これが一番感動しました。

カウンター席だったので色々わかるのですが、

“2階のお客さま、まだこの串3本出して無いけど追加で2本注文入ったから聞いてきて”→“重複なのでキャンセルで!”

“同じ串が20本入ったけど合ってる?”→“5名のグループなのでOKです”

“あのお客さまのテーブルのiPadのスタンドが壊れてなかったかな?場所狭くなるから見てきて”

など、iPadを置きつつもちゃんとお客様の状況を把握して、全員で情報共有しあってみえました。

スタッフの方もチームワークがばっちりで、ちょっとしたやり取りからも伝わってきて、いっそう美味しくいただけました。(ちょっとジロジロ見すぎです(^^;)でもカウンター席が大好きなので)

このようなITとアナログのからめ方が、ほんとの正しい使い方だと思います。

効率と気配りのバランスが素晴らしくて、それを間近でみせてもらって幸せな気分かつ勉強になりました。

【昨日の一日一新】

1.亜麻仁珈琲 大治店

こちらも一度行ってみたかったお店です。広くて入りやすい雰囲気で、サービスも良かったです。

亜麻仁珈琲外観

ランチのサラダに、バケットがついていました!ランチの後の時間帯にも一部、ドリンクに小さなデザートがつくようです。

dsc_3309

モーニングも美味しそうです。ここは、なんと朝5時半開店です。

近くのコメダ珈琲店や支留比亜珈琲店も6時半に開店しており、激戦区のようです。

広いテーブル席が空くと、(次の新規のお客様よりも)先に隣の狭い席に着いていたお客様を誘導されており、いいなあと思いました。

2.炭火焼き鳥大銀杏

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする