CSV取り込みを活用

Pocket

独立するにあたり、税務ソフトは取り急ぎ今までの(ミロク)を使おうと仮申し込みをしています。

更新期間もゆくゆくは今より短くなるとのこと。それなら、立ち上げ時は無理せず慣れたところで始めようと思いました。(気が変わったらすみません)

ただ入力がネックだなあと思っていて、税務ソフトに取り込む前提で、freeeとMFの準備も手続きのみ少し進めています。あとはいつもの泥縄式で進めます!

昨日、嬉しい機能を発見&早速使いました。

csvファイル取り込み機能が向上して、会計事務所側でExcel→csvに変えて作ったファイルからでも取り込みができました。

前は顧問先側での銀行明細やカード明細の取り込みや、会計事務所側では他社ソフトからの取り込みなどに限定されてたように思います。

忙しさにかまけて使っていなかったのですが、試してみたらすごく便利!

他社ソフトも知らず旧態依然の使い方しかしてこなかった私も、ようやくスタートラインに立てた?近づいた状況です。

嬉しかったのは、csv形式なら何でもよいとのこと。

ですので、今エクセルで出納帳を作られているお客様の資料はこちらだけの作業で取り込みができました。最低限、日付・摘要・金額だけの集計があれば可能です。

取り込みだと“丸投げ”になるので、チェックがおろそかになるか心配しましたが大丈夫でした。

取り込み時に消費税コードや科目は入力するので、その時に内容チェックを行えて検証が可能です。

他にデータやり取り用のソフトもあるので(有料ですが同じデータが双方で持てる)そちらでも良いし、お客様にご希望を聞いて使える機能は利用していきたいと思います。

かなり希望が見えてきました!

もう、こんなメジャーな機能はどんどん世に出してください。

税務ソフトだけ世間ずれしかないように、もっと互換性が増えると良いなと思います。

マクロを急いで勉強します!

【昨日の一日一新】

csv取り込み機能

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする