売上が半減しても、お客様のためにメニューをキャンセルする選択

Pocket

昨日は4カ月振りに美容院に行ってきました。

カットとカラー(草木染め)とパーマを予約していました。オーガニックの材料を使われているので、一回でカラーとパーマをしても大丈夫だそうで、いつも助かっています。

髪は伸び放題でしかもバサバサでしたが、先にカット始めたところ、思ったよりパーマが残っていました。かけなくてもいけそうな感じ。

切るとシルエットが変わるので、完全にかけるつもりで来店したのですが、意外な展開です。遠慮がちに、かけなくても済むならかけなくていいかお聞きしたら、

“もちろん大丈夫ですよ。カットもパーマを生かしてやってみます!“

切ったあともまるで今日かけたぐらいパーマが残っていて、ちょうどいい感じでした。髪も傷んでいたので、今回はパーマはやめました。

早く帰れたし、お会計も当初の約半額になって私は嬉しかったです!

お客様事情を優先して、売上が半額になるのをいとわず快くパーマをキャンセルしてくださいました。むしろ進んでカットも工夫してくださいました。

自分が“お店側“になる日に備え、この精神忘れずにいようと思います。当たり前ですが、難しそうです。

ただあの傷み具合ではパーマをかける気も削がれたかもしれませんので、お手入れをきちんとしないと。

【昨日の一日一新】

1.ラジオのプレゼントで当選!

クリアファイル表面クリアファイル裏面

CBCラジオのA-Music Programのプレゼント、ポール・マッカートニーのクリアファイルが当たりました!

The tributeに行ったと書いたのが良かったのかも。テレビもラジオも初めてです。

メールは一度読まれたことがあります。(ハガキ職人ではないですが)

ケンドーコバヤシさんと友近さんがbaseよしもとだった頃、10年以上前に名古屋でやっていたラジオ番組“魁!ベース道場”でした。

2.oggi otto(オッジィオット)というシャンプー

完全にサロン専用(ボトルにシリアルナンバーが付いているとかで市販されていない)で、とっても潤うシャンプーでした。今のが無くなったら買ってみようと思います。置いてあるお店もまだ少ないみたいです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする