CAFE MUG BARISTAを買いました コーヒー用の水筒でスタバのトールが入ります

Pocket

コーヒーは大好き!というほどでもないのですが、自分で豆を取り寄せて、ハンドミルで挽いてフレンチプレスで飲んでいます。

違いがわかるわけでもないのにこんなことしてて恥ずかしいですけど(^^;)、その方が安いし好みの豆で沢山淹れられます。

フレンチプレスだと簡単に淹れられます

しかもフレンチプレスなら私みたいな不器用な人でも簡単にできるのでおすすめです。

ミルもフレンチプレスもこだわらなければ2千円前後からあります。右のボダムのフレンチプレスは安くて気に入っていたのですが、こわれてしまいました。

でも実際豆もいるし続くかどうかわからないものに2,000円も出すのは勇気がいりますよね。

ただ、これ以外にもまだまだ買っております。今日はそんな話がえんえん続きます。無駄遣いは私だけで十分なので、参考にしてくだされば嬉しいです。

いまはESPROトラベルプレスという、水筒と一緒になったものでフレンチプレスをしています。

前にも記事にしました。

すごく気に入っていますが、最近フタがうまくしまらなくなり、持ち歩きしづらくなりました。

ただ、以前から持っていたコーヒー用の水筒は塗装がものすごくはがれてきて、持ち歩くのが恥ずかしいです…。

ほんとにコーヒーを愛しているのか疑わしくなる、こんな身勝手な理由にて新しいのを買いました。

持ち歩き用にCAFEMUG BARISTAを購入

パール金属のCAFEMUG BARISTA350ml です。色は、塗装が取れる心配のない鉄チンタイプのミラーにしました。(塗装は製品によりけりで、全然取れないのがほとんどだとは思います)

直接この上からドリップもできるよう、ちょっと広めの口径(4.3cm)になっています。

飲み口も柔らかいです。また、コーヒーの香りが通るように&アイスコーヒーの氷落下防止のために、小さめの通気口が5つあります。保温もばっちりです。

重さは200gで、コーヒーを350mlいれたらちょうどペットボトルの550mlぐらいです。そんなに気になりません。

(ESPROはちょっと重かった…しかもコーヒー豆を入れたままだとさらにずっしり)

350mlはスタバのトールサイズがちょうど入る大きさ

さっそくスタバに持ってきました。予定外のワッフルまで頼んでます。

350mlはトールがちょうど入ります。(ちなみにショートは240ml、グランデは470mlです)

また、自分で淹れるのも500mlだと豆を挽くだけで10分ぐらいかかってしんどいため、350mlがちょうどいいです。

使いやすくて気に入りました。

色々買い替えたため、安上がりどころか結局高くついている気がしないでもないですが(^^;)

水筒は、これでお茶用の500ml&200mlとコーヒーの350mlの3つになりました。

大は小を兼ねるとかもありますが、鞄にいれて持ち歩くときの重さや飲む量、淹れる手間等を自分で一通り体感して、やっとこのサイズにたどり着きました。

また変わるかもしれませんが、当分これでいけそうです。今度こそ大事に使います。

【昨日の一日一新】

1.鮎菓子食べ比べ

上:玉井屋本舗 登り鮎

下:つちや 早瀬鮎

岐阜は長良川鵜飼い(鵜を使って鮎を獲る)で有名で、、鮎料理や鮎菓子も人気です。

食べ比べるつもりはなかったのですが、美味しくて立て続けにいただきました。

2.CAFEMUG BARISTA

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする