伸ばしていた前髪を切りました “似合う”よりもズボラな自分を尊重して何だかスッキリ

Pocket

昨日、美容院でずっと伸ばしていた前髪を切りました。(写真はありません)

ショートヘアほどは様変わりしてませんが、独立前の髪型に戻ってなつかしいです。

いつも後ろ髪を伸びたところだけ切ってもらっていて、今回もそのつもりでしたが何となく前髪の扱いにストレスを感じてたのを思い出し、軽い気持ちで前髪もお願いした次第です。

切った後で、2年もかけてやっとあごぐらいまで伸びたのに…と一瞬思いましたが(その割には何も考えずにお願いした(^^;))それぐらい軽い気持ちの方が、逆にためらいなく切れてよかったと思いました。(そんな大ごとではないですが)

前髪は、私の髪型(ロン毛パーマ)や顔立ち(男顔&老け顔)からいくと、短く作らずに横の髪と同じぐらい伸ばしてエレガントに流したほうが似合う(=難を隠せる)とアドバイスを受けて、その通りに伸ばしておりました。

ただ、私は異常なめんどくさがりで不器用なためセットが出来ず、毎日後ろでゴムで結ぶだけでした。さらに前髪も後ろに届くようになったので、おしゃれな一つむすびならともかく、まげの結えない相撲の新弟子さんのようなむすび方をしておりました。

とても楽なのですが、そうすると額の分け目のハゲっぽいのも分け目のちょろっとした白髪も気になるし…と、髪型を見るたび少しずつストレスを積み上げておりました。(実際はセット自体も手ぐしだけで全然難しくないのに、ずぼらすぎる私がいけないのですが…)

2年の努力?も忘れ、もう切っちゃえ!と軽い気持ちで切ってもらいました。

結んでいた時の名残りで前髪の流れがちょっとまだおかしいですが、気持ちとてもすがすがしいです。

きっと全体のバランスからすると似合ってないのかもしれませんが、別にいつでも伸ばせますし、伸ばしたい!自覚してからまた伸ばせばいいやと思います。

他にもよかったのは、

・前髪が久々で新鮮

・ハゲと生え際の白髪がかくれた

・めがねをかけたときも表情がキツく見えない(めがねのせいではないのに(^^;))

本来似合うはずの長い前髪が、気持ちをないがしろにしていたがために色々とストレスだったとは。

今回、ズボラな自分を矯正せずにあえてズボラに寄せたのがよかったのか、見た目はさておき、気持ちはちょっと安らかになりました。

実はそれ以外にも、仕事や生活でズボラすぎる自分が嫌で、ちゃんと直さなきゃ、努力しなきゃと焦っており、良くなるどころか逆にストレスを溜めておりました。ちなみに焦るだけで努力はしてませんので、単にストレスを溜めてただけです。

もっと怠け者の自分を尊重してあげればよかったです。

どうせストレスを溜めるだけでやらないので、そういうのは“やらないことリスト“に全部書き、今は一旦そういう努力は放棄して、怠け者の自分を尊重してのんびりしようと思います。

あ、やらないことリストも作ろうと思って2年ぐらい放置してます。どんだけズボラなのか…。

【昨日の一日一新】

・笠原さんのだしパック

・InstagramとFacebookに動画をアップ

ブログだと動画は重すぎてあげられないのですが、インスタとFacebookはそのままあげられるので先日の東京観光のをアップしました。

スカイツリーのエレベーターの展望デッキまで上がっていくところの動画と、透明の床を歩いた動画があります。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする