うろ覚えで自信なくてもさっさとやってみた方が身についた

Pocket

いま、完全な趣味で歌のレッスンに通ってもうすぐ2年になります。歌そのもののトレーニング以外にとても勉強になることは、先生の思考やペースに巻き込まれることです。

仕事をひとりでマイペースでしていると、もとからテンポよくバリバリできる方ならいいのですが、私の場合はのんびりしまくってから後で焦って慌てることがしょっちゅうです。

ところがレッスンでは、課題曲をうろ覚えでもまだどの曲にするか決めかねてて準備万端でないときでも、一旦決めてまず歌ってみるところから始まります。

例えばこの曲と

この曲がそうだったのですが、

カラオケだったら1小節でやっぱりやめる!と演奏停止するレベルでの歌い始めでした。先生もよく吹き出さずに聴いてくださったと思います。(今もひどいですが)思い出したくないので記憶から抹消しました。

毎回どうなることやらとても不安なのですが、それでもデタラメでもいいので歌い始めたらその後何とかなります。

というかしてくださいます。まずやってみないと始まらないです。それでまず自分の状況を把握してもらってから、1小節ずつ手とり足取り解説を受け、ひたすら先生の真似をする。というのを繰り返して、何とかひと通り私の歌唱力において(以下同じです)最後まで歌いきれるようになりました。

私の場合、頭で理解してから体でマスターするまでに少し時間がかかるので、一旦先に進める方が効率がいいです。ある箇所がまだ覚えきれてなくても、そこを完成させるまでは先に進めないのではなく、だいたいできるようになったらとりあえず順に進めて行きます。最初覚えられなくても少し経って通して歌うと、あれが何でできなかったのか謎なぐらい、いつの間にかできるようになっています。そうして覚えていけてます。

制限時間内で上達させないといけないので当たり前ですが、この当たり前のことを生徒の各自の特性やレベルに合わせて丁寧にみっちりしてくださっててすごいと思います。

よって毎回なるべく迷ったら無謀な曲のほうを選ぶようにしています。

これをなんとか普段の仕事に活かしたいです。例えば手に取ったものの数行読んで難解すぎて積読にまわってしまった本、やりたいけど難しそうで棚上げになってるタスクなども、まず歌のレッスンだと思って45分無心でガーっとやってみるのがいいかと思いました。

今日はとりあえず積読本からやってみます。

全国で№1の先生なのも納得です。良い影響しか受けておらず、もしコロナ禍で出会えてなかったらどれだけ薄暗い日々をすごしていたでしょう。2019年12月からと、一瞬早く習いはじめてよかったです。でも今趣味レベルで習っている私がこうして教われる機会も未来永劫ずっとあるわけではないので、習える間に色んなことを吸収します。

次はこの曲か

この曲で迷ってます。

テレビ塔3階にあるCASHIMEというラウンジで、

トイレの最中が11/23まで 数量限定で買えてイートインできるとのことです。

栄のコワーキングで常滑の和菓子「トイレの最中」販売 地域連携企画で魅力発信も

ほんもののトイレを設置した眺めのよい席もあるらしいです。

このコワーキングもドロップインで利用できるとのことで、そのうち行ってみようと思っています。

【昨日の一日一新】

・沖縄奄美のきびオリゴ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする