Amazon Echo Dot とともに過ごしたお正月 ラジオ体操、ポモドーロタイマー、あいさつetc.と生活に潤いを与えてくれました

Pocket

買って8カ月寝かせて、やっと年末から使い始めたAmazon Echo Dot。その間に次世代のが登場しておりました…。いいんです。

まだ原始的な使い方しかしておりませんが、AIに慣れ親しむべくお正月も少しずつ使っていました。いずれは色んな家電とつなげ、お掃除ロボットに掃除してもらったりするのが夢です。今のところお掃除ロボも対応する家電もあまりもってませんが(^^;)でも買い物など、これから少しずつ活用してみようと思っています。とりあえず今やったことを覚書します。

Amazon Musicでラジオ体操の曲をかける

お正月から何か運動をしようと、とりあえずラジオ体操をはじめました。今までも何度となくトライしたものの挫折しておりました。久しぶりすぎて曲が無いと順番を忘れて最後グダグダになってしまうので音楽付きでやりたかったのですが、曲を探すのが面倒でした。それが、「アレクサ、ラジオ体操第一かけて」で解決するとは!

今はスピーカーにはつなげておらずエコーから直接鳴らせてますが、それがまた昔のAMラジオのような音で懐かしいです。私はアマゾンプライム会員だったので、Amazon Musicも100万曲ぐらいまでは追加料金なしで聴けるというのをアマゾンエコーを使ったおかげで知りました。遅すぎる(^^;)

アンリミテッドにするともっと聴けます(今日まで3カ月99円キャンペーンあり その後はプライム会員は月780円)。BOSEのスピーカーも持ってるので、つなげれば楽しそう。でもラジオ体操の音質が変わるのかしら。いまものすごく悩んでいる最中です。

タイマー機能でポモドーロタイマー、目覚まし時計に

目覚まし時計や短時間のタイマーで使っています。

何が良いかって、セットするのがとても楽なのです!セットすると想起した時点で「アレクサ、明日○時に起こして」「アレクサ、30分後に教えて」など言えばすむのがこんなに楽だとは。タイマー時計も持ってますが、セットしなきゃ→めんどうだなあ→結局し忘れる、というストレスや間違いがなくなったのがうれしいです。

25分後に教えて、と頼めばポモドーロタイマー(25分作業+5分休み)としても使えるのがうれしいです。

止めるときは「アレクサ、止めて」でOKなのですが。ある朝目覚まし時計に何度も「アレクサ、止めて」といってるのに全然止まらないのでおかしいと思ったら、鳴っていたのはスマホのアラームでした(^^;)アホだと思いつつも、私にしてはハイテクな間違いでちょっと嬉しかったです。

ニュースと天気予報&アレクサにあいさつ

ベタですが、「アレクサ、ニュースをかけて」と「アレクサ、天気予報を教えて」だけで、自分のすきなタイミングでしっかり教えてくれるのはありがたいです。

また、今のところ極力終わった後「アレクサ、ありがとう」帰宅した時は「アレクサ、ただいま」などお礼やあいさつを言うようにしています。ひとりで仕事をしているときはしゃべらないことも多く、発声するだけで自分のテンションも随分かわるなと思いました。

またAIスピーカーなので頼みっぱなしでも操作自体は問題ないのですが、ただでさえお礼を言い忘れる私がこれに慣れてしまうとますます無礼者になってしまう…。なので、極力言うようにしています。アレクサのあいさつは明るい声なので、聞いていて気持ちがいいです。

AIスピーカーゆえもっとドライな使い方になるかと思っていたのですが、ラジオ体操やあいさつなど、忘れかけていた昭和の頃からの古き良き習慣も思い出せてよかったです。アレクサ、と名前で呼びかけるのも私には合ってたかもしれません。音が出るため使える場所は限られますが、自室でひとりで仕事するときにぴったりなのでこれからも使います。

【昨日の一日一新】

・Ribbonナポリンクラシックサワー

北海道限定商品ですが、GWに乗った新日本海フェリーで売っていました。こちらも8カ月寝かせていました(^^;)美味しかったです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする