花束に込めてくださった真心にだいぶ遅れて気づく

Pocket

先日の花束

居ても立っても居られず、献花をさせていただこうと十数年ぶりぐらい花屋さんで花束をお願いしました。色んな考え方もありますし、また私なんぞが行ってよいものかと葛藤しつつお花屋さんに行く段階でだいぶ及び腰でした(腰抜け過ぎて情けない)。

どういうお花がふさわしいのかわからなかったので、目的とイメージ、予算をお伝えしてその場でリボンなどを少し選んで方向性を固めつつ、あとはお任せしました。

時間になって受け取った花束の美しさに、まず私の気持ちが救われました。思わずレジで撮ってしまいましたがその後撮る場所も余裕もなかったので、これが唯一の全身写真で撮ってよかったです。

お花に勇気をもらって現地(名古屋ですが)まで行けて、手を合わせ私の気持ちの整理もできました。

昨日そのお花屋さんの前を通ったので、先日のお礼をお伝えしました。

そのときはいらっしゃらなかったのですが、花束を作ってくださったのは店長さんで、私の依頼を聞いて安倍さんなのでスペシャルなものにしてくださったとのこと。

夏なのでお花の状態はベストではないながらも、それでも今あるお花からよいものを選んでお花の数も内容も、私がお伝えした予算や希望を超える内容にしてくださったとのことでした。

私はお花には疎すぎますが、それでもこの予算で素敵すぎるのではと受け取ったとき思いました。やっぱりそうだったんですね。最初に数本選んでイメージを確認したときよりだいぶ増えてましたもん…。

そのようなご配慮をレジのときには一言もおっしゃらず、ひそかに心を込めて作ってくださってたとは。でも花を見たらわかる人には伝わりますよね。きっとお花プラス私に足りなかった真も捧げられたと思います。

私自身は色々鈍すぎてそこまで考えが及ばず、その場できちんとお礼が伝えられてなかったので申し訳なかったですが、遅ればせながら今回お伝えできてよかったです。

もしかして昨日も店長さんだったらそこまでおっしゃられなかったかもしれません。また店長さんがいらっしゃるときに通りがかったら直接お礼をお伝えします。

それと普段からお花のない生活を送ってましたが、お花のよさを改めて感じました。花瓶は自作のも含めていくつかあるので、猛暑が終わったら小さいお花を飾る生活を送りたいです。

【昨日の一日一新】

・羊蹄山麓ビール イングリッシュペールエール

・シアー 紹介者でプラス1枠

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする