人工知能と仲良くしたい

Pocket

クレジット明細の入力をエンドレスでやっていました。

一度に入力する私がいけないのですが(^^;)

私の使っている会計ソフトでも、最近CSVから自動取り込みできるようになったので、いずれ対応していきます。

現状では一行ずつ消費税取引も考慮しながらの入力です。

私の感じる入力作業のメリットとデメリット

私の場合、この入力の過程で取引内容が頭に叩き込めるため、入力も大事なのです。でも、さすがに時間がかかりすぎます。

私の感じる自動取り込みのメリットとデメリット

自動取り込みができるようになると、時間短縮はできるもののこの叩き込む過程がなくなります。

時間短縮は、それを差し引いても余りある効果があり、その分精査する時間も増えます。

スキャンデータでの取り込みを含め、間違いなくこれから主流になっていくと思います。もちろん導入します。

さらに人工知能のメリットも加わる

金額も正確に入れられますし、人工知能でどんどん学習して精度が上がり、自分で入れるよりも良いものができますよね。

将来消えそうな仕事の上位に位置するのも実感できました…。

そんな悠長に話している場合じゃないですね。

自分のやり方への固執も多いので、効率化と自分のデータのつかみ方のバランスをどうとっていくか。正しい意味での人間味は残したいです。

税理士や公認会計士は消えてビル清掃員は残る!高報酬の知的職業ほど人工知能に奪われる ビジネスジャーナル 2015.12.28より

今のうちに自分磨き!?

人工知能より優れた人間の得意分野は『共感力』『前例の少ないケースへの対応』だそうです。

ひとり税理士でやっていくには、お互いの専門分野を上手に取り入れるのがキモだと思います。お互いの粗探しをしていてもしょうがないですね。

これから充実していく分野だと思うので、過渡期のうちに自分磨きをして、自動取り込みや人工知能と親密になっていきたいと思います。

【昨日の一日一新】

本の要約アプリflier

私が読むより正確に要点がつかめそう!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする